次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「資質&熱源」発掘セッション 感想のご紹介 その5

「資質&熱源」発掘セッションを受けてくださった方から感想を頂きました。 (※現在は、セッションの名称を変更しています) 点と点が線になり、はっきり自覚できるまでに ◎なぜ「資質&熱源」発掘セッションを受けてみたいと思われましたか? 私は2020年7…

ゆる~い「ビリーフリセット解説」まとめ記事

「ビリーフリセット®︎」をゆる~く解説するシリーズの、まとめ記事です。 可能な限り専門用語を使わずに、初心者でもわかりやすく楽しく読めることを目指しました。 インデックスとしてどうぞ。 《1. ざっくり概要編》 「思考が現実になる」プロセスと、「ビ…

次の時代をつくる人たち

戦後の高度経済成長期に子ども時代、そして誰もが右肩上がりの成長と確実に良くなる未来を信じていたバブル期に20代前半・・・・・・私はそんな世代です。 20世紀(特に昭和の価値観)は、 「できないことや苦手なことも、できるようにならなければいけない」 と、…

アイデンティティがピンと来ない理由

人が何かを判断するとき、その基準となるものには、4つのレベル(思考・感情・魂・アイデンティティ)があります。 まずは、こちらの記事をどうぞ。↓↓↓ 「決める!」4つのレベル(思考・感情編) | 椎原崇オフィシャルブログ Powered by Ameba 「決める!」…

自己実現マーケティング

「自己実現マーケティング」 この言葉をフィリップ・コトラー氏が提唱したのは、2014年頃。もう7年も前のことです。 「自己実現マーケティング」は、「マーケティング4.0」と呼ばれます。 「4.0」というからには、3.0とか2.0、1.0があるの? はい、あります。…

鳩 VS 猛禽類の写真

今年も、鳩がベランダを狙う季節になりました。 彼らは一体何を狙うのか・・・それは、卵を産むのに巣を作ろうとしてるんですね。 隙あらば巣作りをしてやろうと、室外機の裏にカップルで陣取ってみたり、追い返しても近くの電柱からこちらを伺ってる。 こんな…

「ビリーフリセット」を、ゆる~く解説してみる《3. 目的編》

「ビリーフリセット®︎」をゆる~く解説するシリーズの第3弾《目的編》です。《ざっくり概要編》《原因編》に続き、今回は「ビリーフ」は何のためにあるのか、について解説しています。

影響を与える人と受ける人

先日、「資質&熱源」発掘セッション (旧名称)を久しぶりに行いました。 申し込んでくださったのは、紹介でも心理関係のリンクでもなく、 マーケティングの記事から入って興味を持っていただいた方。 しかも、「こんな人に読んでほしい!」と想定した、ま…

「才能&アイデンティティ」発掘セッション

洞察系HSP(物事の本質や真実、背景に対して、最もセンサーが働く)の特徴を活かし、「人の才能やアイデンティティを発掘するセッション」を提供しています。その「アイデンティティ」でそれらの「才能」を使ったとき、最大のパフォーマンスと成果が期待できます。

「資質&熱源」発掘セッション 感想のご紹介 その4

かなり以前にいただいた、「資質&熱源」発掘セッションのご感想を紹介させて頂きます。 該当するクライアント様、「あら、今頃?」って感じでしょうか・・・(^_^;) その人の「魂の道筋」や「星の巡り方」みたいなのをみている ◎ご自分の「資質」と「熱源」を見…

セッションの名称変更、準備中

突然ですが、提供しているセッションの名称を変更することにしました。 以前から、なんか微妙に言葉が違うんだなぁ…と思っていて、また受けてくださったクライアントさんからも「ちょっとわかりにくい」という声が複数ありました。 いつかぴったりの言葉が見…

HSPにもいろいろある

HSP(Highly sensitive person /過度に敏感な人)という気質があること、 そして、だいたい2割くらい存在している、 ということが、少しずつ一般の人にも知られるようになってきました。 最近では、「繊細さん」「繊細な人」という表現で書籍も多く出版…

自己否定の成分

マーケティングの授業の他に、私は「自立のプロセス」についての授業も担当しているのですが、先日その授業が無事に終了しました。 なんで「無事に」なのかというと、昨年度その授業をやったときに、終わった後の学生の印象が「なんか将来子どもを育てるのが…

「ビリーフリセット」を、ゆる~く解説してみる《2. 原因編》

《2. 原因編》 「ビリーフ」とは、人が持っている何らかの「考え」のことです。 直訳すると、『信念』や『確信』『信じ込んでいること』『思い込んでいること』などで、それ自体に「良い悪い」はありません。 ここでは、信念(自分を形成する、自分にとって…

「ビリーフリセット」を、ゆる~く解説してみる《1. ざっくり概要編》

《1. ざっくり概要編》 「思考が現実化する」とか、「心が先で、現実は後」などの表現を、 聞いたことはありますか? 目に見えない「心」の仕組みを解明し探究するのが「心理学」ですが、 なにぶんにも見えないので、理解してさらに腑に落とすのは、なかなか大変なも…

「戦略BASiCS」を、ゆる~く解説してみる

最近は身近な方から「マーケティングの記事がおもしろい。」という声を、ちょいちょい頂けるようになりました。(ありがとうございます) 私が書いている「マーケティング」は「心の仕組み」も加味しているのですが、 そもそも「マーケティング」って、人々…

「競合」 = ?

「競合」 ≠ 敵 「競合」についての記事が続きます。 なんでこんなに「競合」の話を書いているのかというと、 「競合」がわかれば「自分」がわかるから 「競合」がわかれば「相手(お客様、クライアント)」がわかるから 逆に言うと、 「競合」が誰なのかわから…

「競合」と、そのお客様は、○○系?

3年ほど前のことですが、マーケティングのコンサルティングをやろうかなあと考えていた時期がありました。 そのとき想定したクライアント像は、やっぱりこういう人たち。↓↓↓ meg-m.hatenablog.com 当時はここまで言語化できていなかったけど、私の周り(心理…

「競合」と戦う???

もしも自分がいなければ、お客様、クライアントさんはそちらに行っていたという『代わり』の存在のことを、「競合」と呼びます。 今はほとんどのサービスで、ひとりしかやってない、1社のみ、なーんてことはなく、 似たようなことを多くの人が提供しています…

マーケティングの記事は、こんな人に読んでほしいっ!

ブログのサブタイトルにも入れている「マーケティング」ですが、 「はて、私はいったい誰に向けて書いているんだ???」 というのがぼんやりしていたので、あらためて考えてみました。 記事の中で紹介している様々な方法を使って、 実際に自分でも、自分の…

パーソナリティの時代

自分と他の誰か(競合)を比べて、 「やっぱりあなたがいい!」 と言って選んでくれる「相手」お客様やクライアントさん。 「強み」の定義 その「相手」が選んでくれる理由が「強み」なのですが、 今の時代、特に特に重要!なのが、提供するその人自身の要素…

「強み」を競合から探る方法

自分の「強み」やぴったりの「相手」を、自分以外の誰か(競合)と比較して見つける方法です。 これから起業する予定の「まだクライアントがいない」という方や、 「これまでのクライアントさんは、どうも違う気がする」という方、 あらためて自分の立ち位置…

「強み」をお客様から探る方法

顧客やクライアントなど「相手」が、なぜ自分を選んでくれるのか、 「だって、〜〜だから。」 の、「〜〜」には何が入るのか、それを知るための方法があります。 それは、次の【3つの項目】を明らかにすること。 1. 相手のニーズは何か 何を望んでいたのか、…

ぴったりの相手は、過去の自分

顧客やクライアントと呼ばれる「相手」の人は、 いったいなぜ、何が良くて選んでくれるのでしょう? 「だって、〜〜だから。」 の、「〜〜」には何が入るのでしょうか? そこにはいろんな要素が入る可能性があるのですが、 個人でビジネスをなさっている人(…

ビジネス ≠ お金儲け

この人のために貢献したい この人が喜んでくれることが、自分の喜び(燃料)になる そんな人が、 「あなたがいいんです!」と言って 「お客様」「クライアント」になってくれたなら、 毎日の仕事はどんなに楽しくて、やりがいのあるものになるでしょうか。 そ…

この相手でいいの?と思ったら

自分の「強み」や「熱」がわかったら、 「そこがいいんです!」と言って選んでくれる相手を見つける。 で、その後、ほとんどの人がぶち当たるのが、 「本当に、この人でいいのかな?」 という疑問。 「相手」を具体化するというのは「お客様」を絞り込むこと…

相手が見つかったら

「そこがいいんです!」 と言ってくれる相手が見つかったら、次はどうしたら? 次は、その人がいる場所(同じような人がたくさんいるところ)を探します。 そしてその場所は、自分が一番輝ける場所でもあります。 その場所が見つかったら、 そこへ行ってその…

強みがわかったら

自分の「強み」「得意なこと」「熱」がわかったら、次は何を…? 次は、 「そこがいいんです!」 「だから、あなたがいいんです!」 と言ってくれる相手を探します。 この相手というのは、ビジネスだと「お客様」「クライアント」のこと。 強みや熱が見つかっ…

強みと熱の見つけ方 4.

強みと熱の見つけ方、続きです。(どこまで行くんでしょう・・・) 今回も自分でできる方法ですが、前回の「自分ヒストリー」と違い、隙間時間にできるとても簡単なもの。 自分が持っているものを、 「私は、~~という事実(要素)を持っている」 と、ひとつひと…

強みと熱の見つけ方 3.

強みと熱の見つけ方、その続きです。 今回も、自分でできる方法で、その名も「自分ヒストリー」。 ビジネス系の講座でも、「経験の棚卸し」と呼ばれてよく使われるやり方です。 自分のこれまでの行動を振り返り、時系列で書き出していくのですが、 まるで自…