次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

一神教から多神教へ

ハロウィンの飾り付けが街を彩る季節になりました。 私はこれといって特定の宗教や信仰は持っていなくて、 普通にご先祖さまのお墓参りをするし、神社にもお参りするし、クリスマスもそれなりに楽しむし、海外旅行で訪れたら教会やモスクにも足を運びお参り(…

お金をかけずに自己探究、まとめ記事

自己探究好きの方へ、お金をかけずにセルフでできる「自分」発見方法をまとめました。他人から教えてもらう方法や、自分で自分に質問する方法など多数あります。自分自身を色んな切り口から分析、発見できます。

ナメていた、書類の片付け

片付けレッスン、今日は「書類」に取りかかりました。 書類ってときめくものじゃないし、契約書とか捨ててはいけない系だけ選べばいいから、ひたすら作業だよね、面倒なだけで事務的に淡々と進むよね…… な〜んて軽く考えていたら、 2時間のレッスンがあっと…

「自己探マニア」は行く

「自己探究」に関しては、かなりのマニアです、私。 もはやマニアを通り越して「ヘンタイ」に到達するかも?なレベルの自己探マニア。 ※自己探マニア(じこたんまにあ)とは 自分を深く知ることが大好物の生きもの。別名:自己探オタク。 主に心理業界やその…

引き寄せ???

「チャイが飲みたいな~♪」 とっておきの新しい紅茶の箱を開けて、 ホールのカルダモンとシナモンも用意して、 鍋も準備したら・・・・・・ 牛乳が足りなかった・・・ (>_<) 残念。。。 諦めたその10分後、 「ピンポーン!」 近所の牛乳屋さんが、宅配牛乳のサンプル…

「自分」を発掘するための質問 9.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第9弾。過去を振り返って「一番誇らしい!」と思える経験を拾い出します。人は驚くほど多面的に出来ていて、あらゆる角度から自分自身を分析できます。

「自分」を発掘するための質問 8.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第8弾。過去を振り返って「自分が一番輝いていた!」と思える経験を拾い出します。成果や他人の評価に関係なく、自分がそう思える経験にヒントがあります。

「自分」を発掘するための質問 7.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第7弾。今回は苦しかったことや辛かった経験から探る方法です。苦難や困難を乗り越えた経験には、究極の「らしさ」やギフトが隠れている可能性が高いのです。

「自分」を発掘するための質問 6.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第6弾。「憧れる人」「尊敬する人」から、本来の自分の姿や自分の魅力を探ります。「投影」の仕組みで見つかる「ゴールデンシャドゥ」を遠慮なく受け取りましょう。

「自分」を発掘するための質問 5.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第5弾。「つい」「なぜか」やってしまうこと、無意識に「時間」と「お金」を使っていることから潜在的な望みを拾い出し、そこから枯れない「熱」を掘り出します。

「自分」を発掘するための質問 4.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第4弾。今回は子ども時代に焦点を当て、好きだった遊びや夢中だったこと、また親や先生からよく怒られていたこと等から見つけていきます。

「自分」を発掘するための質問 3.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第3弾。イラッとすることや腹が立つこと、違和感を感じたり問題意識が湧くことから探ります。「信念」や「価値基準」の他、抑圧している自分自身も浮き彫りに…

「自分」を発掘するための質問 2.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第2弾。好きなことやワクワクすることから、自分の「熱」や「喜び」を見いだします。ポイントは実際に行動した結果、「もっともっと!」になったこと。

「自分」を発掘するための質問 1.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第1弾。上手くいったことや他人からほめられたり感謝されることから見つけていきます。頑張らなくても工夫しなくても当たり前にできてしまう、それがあな…

本の片付け

「本」って不思議です。 読み終わったらもう役目は終わりなのに、 「取っておきたい」 「側に置いておきたい」 と思うものがけっこうあります。 レシピが書かれている実用書でも、「使わない」「やらない」のに、なぜか「持っていたい」「見るだけで嬉しい」…

潜在的な動機

人間の行動には、動機があります。 はっきりと自分でわかっている動機もありますが、 「本来の自分」にとって重要なのは、むしろ自分でわかっていない潜在的な動機の方。 「何故かわからないけどやってしまう」とか「気付くとまたやっている」など、「時間」…

落語チャレンジ、いったん終了

7月から続けてきた天狼院書店さんの「落語ゼミ」が、終わりました。 tenro-in.com ※↑上記は終了しています。このページの一番下に、新しいゼミのリンクがあります。 私が選んだ課題は「狸の札(さつ)」という演目。 子供たちに捕まり危うく狸汁にされるとこ…

タイプ4、タイプ5の人

「エニアグラム」という自己分析ツールがあります。 自分の思考や行動パターンから探る、9タイプ(18タイプ)の性格分析。 自己理解が進むだけでなく他者を理解することにもつながり、組織での適材適所にも使えることから、人事に活用している企業もありま…

内向型でHSPの連休

先週末は久しぶりに快晴で、気持ちの良い連休でした。 世間では3連休という人が多かったのだと思います。 私としては珍しく、仕事の他にも娘に関する用事が重なり、 なんと3連休全て外出という事態に。 「社交的で活動的、休日はいつも外に出て仲間とアク…

衣類の片付けで見えてきたのは

先日受けた、こんまり流片付けレッスンの第1回【衣類編】 meg-m.hatenablog.com 「ときめきにはバリエーションがある」と教えていただき、それだけでも大収穫だったのですが、その後・・・・・・いろいろと気付いたことがありました。 ワクワクしたり見ただけで気…

本当は怒ってたんだな

「怒り」の感情が苦手な人って多いと思います。 私もそのひとりで、怒りを受けるのはもちろんですが、怒りを出すのも苦手。 人には「得意な感情」と「苦手な感情」があるらしく、私は「悲しみ」「哀しみ」「痛み」なんかはまあまあ得意です。 じんわりと受け…

二度目の受験期

新学期が始まりました。 夏休み期間から、娘の受験もいよいよ真剣モード。 3年前、高校受験での経験からいろいろ学んだようで、彼女は普段の学校生活や定期考査を大事にして高校生活を過ごしています。 meg-m.hatenablog.com 子育てに関しては、保育園時代か…

掃除の魔法?

いよいよ片付け祭りをやる!と決めてから初回レッスンまでの期間中、 なんとなく「掃除しようかな…」と思い立ち、水回りから順番に掃除を始めておりました。 なんでわざわざこんなことを書くのか……私、掃除がめちゃくちゃ苦手なんですよ。(>_<) スイッチが入…

「片付け祭り」再開へ

過去に何度かやってみたものの、途中で引っかかり止まってしまう・・・ そんな経験は多々ありますが、「片付け祭り」もそのひとつ。 こんまりさんの本を読んで感銘を受け、「片付けて、ときめくモノだけを残そう!」と、これまでにも数回に渡りチャレンジ。 で…

スイーツ作り → 持病悪化からの・・・

今年のお盆も、昨年同様に帰省はせずに家にこもりました。 元々、超!インドア派の私。 一歩も外に出ない日が続いても全然平気で。 さあて休みの間、こもって何しようかなあ~♪と思うと、私の場合たいていスイーツ作り熱が沸いてきます。 そういえば昨年の春…

お国を背負ってないのがいいね

2021年、夏。 今回のオリンピック、「今までとちょっと違うな」と感じることが増えました。 それは、競技が終わってからのインタビューで、 「楽しかったです!」 「楽しめました。」 と答える選手が多いこと。 「参加することに意義がある」はずだった平和…

信念とビリーフの違い

「ビリーフリセット®︎」をゆる〜く解説するシリーズを書いています。 meg-m.hatenablog.com この中で、「ビリーフ」と「信念」を分けて定義しているのですが、 具体的に、どう違うの? というのを、私が腑に落ちた感覚で書いてみたいと思いました。 思い込み…

「狸の札」練習中

この夏は「落語」に手を出しております。 先日の「朗読ゼミ」が終わり、続いて参加したのがこちらの「落語ゼミ」。 tenro-in.com 通信とはいえ、プロの噺家の師匠に直接指導していただける機会なんて、めったにあるもんじゃあございません。 芝居とはまた違…

ご褒美は先に

数日前、将棋の藤井聡太王位=棋聖が、天敵を破って「第62期王位戦7番勝負第2局」に勝利・・・という報道がありました。 将棋については全くわからない私ですが、天敵いたんだ…と思ったのは私だけじゃないよね? このニュースで興味深かったのは、第2局の会場入…

二刀流は最先端、そして当たり前の時代に

メジャーリーグでの活躍がめざましい、大谷翔平選手。 スポーツにはほとんど興味のない我が家ですが、彼のニュースだけは家族で興味深く見てしまうし、応援したくなってしまう。 いったい何に興味があるのかというと、 ホームランの数……ではなく、 ルックス……