次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

強みがわかったら

 

自分の「強み」「得意なこと」「熱」がわかったら、次は何を…?

 

 

次は、

「そこがいいんです!」

「だから、あなたがいいんです!」

 

と言ってくれる相手を探します。

 

この相手というのは、ビジネスだと「お客様」「クライアント」のこと。

 

強みや熱が見つかってくっきりした自分の姿と同じように、

くっきりしたお客様像、クライアント像を見つけます。

 

 

 

f:id:meg_m:20210313104347j:plain

理想の相手(お客様、クライアント)

 

具体的なやり方は、次の3ステップ。

 

1.自分の持っている事実(要素)を書き出す (特に重要なものを)

2.それを「強み」に解釈して書き出す

3.「そこがいい!」と言ってくれる人を探す

 

 

というシンプルなものなんですが、簡単ではないです。(単純 ≠ 簡単)

特に自分自身を自分でやるのが、何より一番!難しいんですよ。

 

なので、自分以外の事例で見てみましょう!

 

 

【カラオケ店の場合】

1.カラオケ店の持っている事実(要素)を書き出す

・機材とか配信する音楽とか、他にもいろいろ

2.それを「強み」に解釈して書き出す

・大音量で歌ったり騒いだりできる、という定番の他にもいろいろ

3.「そこがいい!」と言ってくれる人を探す

・仲間と歌ってカラオケを楽しみたい人、という定番の他にもいろいろ

 

 

このステップで考えて書き出していくと、

 

カラオケ店 → カラオケをやりたい人

 

というド定番以外にも、「そこがいいんです!」の相手が見つかります。

それがこちら ↓↓↓

 

f:id:meg_m:20210313165748j:plain

理想の相手を見つける3ステップ:カラオケ店の場合

 

f:id:meg_m:20210314140914j:plain

理想の相手を見つける3ステップ:ポイント


 

 

快適に過ごせる設備や、ゆったり座れるソファーがあって、 

ドリンクも頼めるし(持ち込みOK!のところも)、

電源やWi-Fiまで当たり前にある・・・

そして何より当たり前なのが、「防音」という事実。

 

楽器を持ち込んで練習したい人や、会議をしたい人、オープンな場所ではちょっと話しにくい内容を相談したい人など、

 

「そこがいいんです!」

という人が見つかりましたよね。

 

特にお客様の少ない平日昼間に、

「会議室としてビジネス利用しませんか?」

という用途提案をしているカラオケ店もあります。

 

 

実際、私も以前にカラオケ以外の目的で利用したこと、あります。

子どものPTA関連の作業をするのに、大きなテーブルにたくさんの資料を並べて、子育ての話などをママ友に聞いてもらいながら、快適に過ごすことができました。 

 

子育て中のお母さんにとっては、子どもの話(学校とか先生とかお友達やママ友)って、近所のカフェなどでは話しにくいんです。誰が聞いてるかわからないしね。

(後から、1曲くらい歌えばよかったねという話になりました)

 

 

この3ステップで重要なのが、

 

「持っている事実(要素)」と「強み」は別

 

ということ。

 

持っているだけなら、それは強みでも何でもなく、

「そこがいいんです!」「だからこそ、嬉しい!」

という相手が見つかって、初めて「強み」になります。

 

あなたが持っている事実(要素、資質)が、

強み(相手にとって嬉しいこと、相手に提供する価値)を生み出します。

 

誰にどんな価値(嬉しいこと)を提供できるのか、( ← 得意を使って)

また提供したいのか、( ← 熱を使って)

ぜひやってみてくださいね。

 

 

以下、ダウンロードできるようにしました。

どうぞご利用ください。

drive.google.com

 

drive.google.com

 

で、相手が見つかったら次はどうしたら?

それは、また次回に。

 

次のプロセスはこちらです ↓↓↓

meg-m.hatenablog.com

 

マーケティングのバックボーンは、こちら↓

www.sandt.co.jp