次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

ぴったりの相手は、過去の自分

 

顧客やクライアントと呼ばれる「相手」の人は、

いったいなぜ、何が良くて選んでくれるのでしょう?

 

「だって、〜〜だから。」

の、「〜〜」には何が入るのでしょうか?

 

そこにはいろんな要素が入る可能性があるのですが、

個人でビジネスをなさっている人(ジャンル問わず)の場合、共通するのは、

 

「だって、私の気持ちをわかってくれるから。」

だと思います。

 

いろんな事例を見ていくと、

「そこがいいんです!」と選んでくれる相手って、過去の自分自身であることが多いんです。

 

 

何度か事例として紹介している「りこにっく」さんの場合も同様です。

彼女がなぜ「ペットロスで苦しい人」を対象に絵を描いているのかというと、

 

過去に自分も同じ想いをしたから

です。

 

rikonic-oilpainting.wixsite.com

 

この悲しみは消えないなら、与えられたものを数えるように
無理せず悲しみと共に生きよう

そう思いながらたくさんのかわいい動物たちを
描かせていただいております。​
​わたしは今もゆきと共にあり、文鳥のうにも一緒です

ペットロスで苦しんでいる方、今後のペットロスに不安な方
恐れずに動物との出会いを楽しんでほしい
​それがわたしの願いです。

 ↑ りこにっくさんの公式サイトより引用させていただきました。

 

それがどんなに辛いことか、

前を向きたいのにできないその気持ちが痛いほどわかるから、

 

クライアントさんに寄り添い細かな要望を聞き、喜んでもらえる絵を描き続けることができる。

 

そして彼女に依頼する人たちも、

「この人なら、私の気持ちをわかってくれる。」と、自分の順番がまわって来るまで待つことができるのだと思います。

 

 

この記事を読んでくださっているのは大半が、カウンセラーやセラピスト、コーチ、建築家など、相手の人生にそのまま寄り添うことを提供している人ですよね。

 

理想のクライアントさんの姿は、そのままいつかのご自身ではないでしょうか。

 

 

知識やテクニックなどで他の誰かと比較することはできますが、

人が心を動かされるのは、相手の想いや願いに触れたとき、そしてそれに共感できたとき。

 

「過去に自分も同じ想いをした」というその経験は、仮に思い出したくないものだったとしても、

間違いなく自分の大切な要素であり、

他の人には真似のできない自分独自の資源であり、

 

「だから、そんなあなたがいいんです!」

につながります。

 

 

そして提供する側も、

過去の自分自身だからこそ、あの日の自分に通じるからこそ、

 

「この人に貢献したい!」が、エンジンになるんですね。

 

 

「だって、〜〜だから。」

の「〜〜」を知る方法は、次回に。

 

「〜〜」を知る方法、こちらです。↓↓↓

meg-m.hatenablog.com

 

f:id:meg_m:20210319155931j:plain