次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

好きな言葉と嫌いな言葉

 

好きな言葉って、誰にもありますよね。ことわざや格言など。

「座右の銘はこれです!」なんて人もいるかもしれません。

 

もしかして、好きな言葉や格言なんかを拾い出したら、「その人」がわかるのでは?

なーんて思ったので、試しに私の好きな言葉を書き出してみました。

 

 

◎好きな言葉、ことわざ等

・逆もまた真なり

・みんな違って、みんないい

・大は小を兼ねる

・一石二鳥

・伝統とは革新の連続である

・強みは弱み、弱みは強み

・三方良し「売り手良し、買い手良し、世間良し」

・人間万事塞翁が馬

・猫にごはん(創作ことわざですが、めっちゃ好き!)

 

とりあえずパッと思いつくのはこんな感じ。

並べてみると、確かに表れてますね~、革新好きの「あまのじゃく」気質が。

(^o^)

私をよく知る身近な人から見たら、「やっぱりね~」という感じでしょうか。

 

人は「言葉」を使って思考するので、

どんな言葉をよく使うのか、どんな言葉でものを考えるのか、

そこにその人が表れるのも、当然といえば当然かもしれません。

 

 

じゃあ逆に、嫌いな言葉にもその人が表れるかも?

と思い、それも拾い出してみました。

 

◎嫌いな言葉

・長いものには巻かれろ

・出る杭は打たれる

 

あー、やっぱりね~。

猫には、ごはんだろ

猫には、ごはんだろ