次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「自分」を発掘するための質問 9.

 

「才能」と「アイデンティティ」を見つけるための方法として、【質問項目】を紹介するシリーズ。

セッションでは使っていない【番外編の質問項目】の続きです。

 

【番外編 質問 9.】

今までで、一番誇らしいと思う経験は何ですか?

 

これも、【質問1.】【質問2.】の補足となるものです。

「自分」を発掘するための質問 1. - 次の時代へ案内する

「自分」を発掘するための質問 2. - 次の時代へ案内する

 

【質問1.】で拾い出した、「簡単に出来ること」「当たり前に出来ること」「頑張らなくても出来てしまうこと」

【質問2.】で拾い出した、「実際に行動して、心が満足した経験」「やってみたら、もっともっと!になった経験」

 

上記の中で、「一番誇らしい!」「我ながら誇りに思う」というものを抜き出してください。

または、あらためて「誇れるかどうか」という視点で過去を振り返り、

「自分史上、あれが一番誇らしい!」と思える経験を思い出してください。

 

前回の【番外編 質問 8.】で出てきた「一番輝いていた!」という感覚とは少し違うと思います。

おそらく、別の経験、別のエピソードが誇らしく感じられるのでは?

(ここら辺、ただいま研究中です)

 

また、それを思い出したときの身体の感覚、どの辺りが反応するかについても、「一番輝いていた!」感覚とは別の部位ではないでしょうか。

 

「一番輝いていた!」経験と「一番誇らしい!」経験、どちらが大事ということではなく、より立体的に自分自身を知るためのものです。

 

人間は驚くほど多面的に出来ているので、色んな要素、色んな面が見つかると、自分自身がますますくっきりとしてきます。そのために、あらゆる角度から自分に「質問」を投げかけるといいんですね。

 

「誇らしい!」と思える経験も、ヒントになる

「誇らしい!」と思える経験も、ヒントになる

 

ここまで紹介してきた【質問項目】のシリーズ。

ぜひ楽しみながら、ご自身を掘り起こしてくださいね。きっと宝ものがザクザク出てくることでしょう。

 

またこれらの【質問項目】から、

・具体的にどのように読み解くのか

・例えばどんなところを拾うのか

について、セッションでお渡ししている「レポート」のサンプルを実際に見ていただけるよう、準備しています。

クライアントさんの事例を出すわけにいかないので、ここは「私の事例」で準備中です。(ちょっと・・・・・・いや、かなり恥ずかしいですが・・・)(^_^;)

出来ましたら、あらためてご案内いたします。

 

 

【質問 1.】から順に読みたい方はこちらからどうぞ。↓

meg-m.hatenablog.com