次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「自分」を発掘するための質問 10.

 

久しぶりにまた、「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法の追加記事です。自分に問いかける【質問項目】をシリーズで紹介しています。

セッションでは使っていない【番外編の質問項目】の続きです。

 

【番外編 質問 10.】

あなたが創り出すものや提供しているもので、クライアントさんから言われたい「最高のほめ言葉」は何ですか?

 

これは【質問 2.】と同様に、

自分の「熱」があるものやこと、自分の喜びを見つけるための質問です。そのまま「アイデンティティ」「ミッション」にまでつながるような、自分の大切な想いが出てきます。

ほめ言葉というと、例えば「ありがとう」のように感謝の言葉だったり「凄いですね!」みたいな尊敬の言葉などいろいろあると思いますが、

 

「これを言われたら、もう最高に嬉しい!」

 

という「一番嬉しいほめ言葉」を見つけます。

 

具体的なやり方は、

○○さんのおかげで、~~~~~~。

 

上記の「~~~~~~。」を言葉で埋めます。○○にはあなたの名前を入れて、何て言われたいか考えてみてくださいね。

 

 

言われたい「最高のほめ言葉」には、あなた自身がギューッと凝縮されて表れます。

そしてその「最高のほめ言葉」は、そのままあなたの「ブランド」になります。

 

ここで言う「ブランド」とは、一流ブランドとか特別なものという意味ではなく、

◎自分が一番活躍できる「フィールド」で

◎自分の持っている「資質・独自資源」を活かして

◎自分にしかできない「強み」を生み出し

◎喜んでくれる「相手」に提供するために

◎その価値を最適な「メッセージ」で伝える

↑ この戦略を自分に落とし込んだときに、自分自身から自然ににじみ出る「自分の色」のこと。

 

逆に考えると、相手(理想のクライアント)から「何て言われたいのか?」が、自分のブランドになります。

 

「○○さんのおかげで、~~~~~~。」

と最高のほめ言葉をもらったあなたは、必殺「~~~~~~」請負人ですよねっ!

(^_-)

言われたい最高のほめ言葉に、自分自身が表れる

言われたい最高のほめ言葉に、自分自身が表れる

 

【質問 1.】から順に読みたい方はこちらからどうぞ。↓

meg-m.hatenablog.com