次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

【承認の欲求】は2段階

 

今って、だいたい私たち【承認の欲求】段階にいますね~って話を、前回書きました。

こちらの記事。↓

 

meg-m.hatenablog.com

 

 

 

この承認の欲求(尊重の欲求)って、2段階に分かれてるんですね。

 

f:id:meg_m:20210215210058j:plain

 


マズローの欲求五段階説は、下の方ほど低次元の欲求で、上に行くほど高次元になります。

 

【承認の欲求】段階を見てみると、

 

◎自分で自分を認めたい(自己承認) ← 上

◎他者から認められたい(他者承認) ← 下

 

の、2段階があります。

 

 

下の方(低次)が、他者承認。

 

他人から認めて欲しい、

すごいねって言われたい、

素敵な人ねと思われたい、

尊敬されたい、

権威のお墨付きが欲しい…などなど。

 

 

これももちろん大事だし、他者から認めてもらうと自信にもなりますが、

 

これ「だけ」だと終わりがない。

 

なぜって、他者からの承認で得た自信は、もったところでせいぜい2週間。

(そんなもんよね)

 

そしてまた自分の「足りないところ」に目が向くので、

 

いつまでもどこまでも、

「足りないから埋めなきゃ!」

「認めて〜!」が続くことに。

 

これ、けっこうキツイ、です。

(どっぷりと、経験済み)

 

 

そこで重要になってくるのが、

上の方(高次)の、自己承認。

 

 自分で自分を認める、

これでいいと自分にOKを出す。

たとえ他の誰ひとりとして認めてくれなくても。

 

 でもこれ、めちゃくちゃ難しい。

未だに、OKを出せるときとそうでないときの両方をふらふらしてます、私・・・

 

 

で、この【自己承認】がある程度満たされてくると、

ようやく上の【自己実現の欲求】段階が見えてくるんですが・・・

 

ここに、大きな壁があるんですよね。

見てみると ↓↓↓

 

f:id:meg_m:20210219161225j:plain

 

 

 

「欠乏欲求」から「成長欲求」へ。

 

「欲求」の種類というか次元というか・・・まるっきり変わるわけです。

 

 

 

「足りない」から望む、という欲求ではなく、

 

「心の底(魂)からの喜び」を望む、という欲求。

 

 

自分の好きなことやりたいことで、誰かが喜んでくれるのが嬉しい、

そしてそれが自分の喜びになるから更に成長を望む、という純粋なもの。

 

それが【自己実現の欲求】なんですね。

 

 

 

人間ひとりひとりが「個」として自立し、それぞれの喜びを追求し他者と分かち合う。

 

 

そんなステージへと、今、私たちは向かっているんです。

 

 

 

その壁を越える鍵になるのが、

 

足りない自分にOKを出す、

できない自分にOKを出す、

 

 

もっと言うと、

「足りない」のではなく、「そのままの自分でOKだった」と気付くこと。

 

 

 

f:id:meg_m:20210219175457j:plain

 

 

f:id:meg_m:20210219175517j:plain




 

元々の自分でよかったんだ、

自分以外の何者かにならなくてよかったんだ、

最初からこのままでよかったんだ、

 

 

理屈ではなくそう腑に落ちると、

自分への信頼が戻ってきて、世界が優しいものに見えてきます。