次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「ビリーフリセット」を、ゆる~く解説してみる《4. 行動パターン編》

 

日本で一番ゆるーい「ビリーフリセット」解説《目的編》

 《4. 行動パターン編》

 

「ビリーフリセット®︎」をゆる~く解説するシリーズです。

《1. ざっくり概要編》 《2. 原因編》 《3. 目的編》 と続きました。

 

4回目は、その行動パターンについて解説します。

今回もゆるゆると進めますので、どうぞリラックスして読んでいただければ幸いです。

 

 

日本で一番ゆるーい「ビリーフリセット」解説《行動パターン編》



 

行動にはパターンがある

 

ビリーフ(自己否定の考え)は、主に潜在意識の浅い領域で、

 

「〜〜してはいけない」(← 禁止)

「〜〜しなければいけない」(← 義務)

 

という「行動のためのルール」として存在し、発動(その人を無意識に動か)します。

そして、その行動にはパターンがあるのです。

 

「ビリーフリセット®︎心理学」では、そのパターンを「3つのモード」に分類しています。

 

1. 強化モード

(何度も繰り返すことで、強化されるパターン)

2. 回避モード

(自分を守るために、常に逃げるパターン)

3. 補償モード

(ネガティブな自分を打ち消すために、成果を追い求めるパターン)

 

 

 

1. 強化モード

これは、自分の持っているビリーフ(自己否定の考え)に基づき、当てはまる事象「だけ」を採用することにより、それが強化されていくパターンです。

 

人間の脳には「仮説を立てたら証明しようとする」働きがあるので、その仮説に合ったものだけを拾い、合わないものを見事にスルーします。

 

 

アンテナに合ったものが引っかかる

アンテナに合ったものが引っかかる


 

「もしかして、また○○になるんじゃないか…」「自分はどうせ△△に違いない」

と思って行動した結果、○○になったことや△△に見えたこと「だけ」を事実として記憶し、

「ほら、やっぱり!」と自ら証明するものです。

そしてそれが「どうせまた、○○になる」「やっぱり自分は△△だ」につながり、ますます強化されるという仕組みです。

 

証明するために、自分からわざわざ○○や△△になりそうなことを選んだり、トラブルになるような場に身を置いたりするので、 「またこのパターンか・・・」が続くことになるのです。

 

○○や△△に当てはまらなかったこと、そうでなかった事象に関しては、覚えていなかったり例外として扱うなど、客観的で冷静な判断とは言い難いものとなります。

 

強化モード:仮説を証明し、「どうせ」「やっぱり」を繰り返す

強化モード:仮説を証明し、「どうせ」「やっぱり」を繰り返す



 

2. 回避モード 

これは危険を回避するための本能的なもので、傷つかないように、ダメな自分がバレないようにと、いつも逃げる行動に出るパターンです。

 

逃げる、つまり挑戦しない、向き合わない、自分で責任を取ろうとしない、人と関わらない、常に周囲からの助けや同情を求める、誰かまたは環境のせいにする、などの行動として表れます。

 

 

回避モード:チャレンジしない、逃げるパターン

回避モード:チャレンジしない、いつも逃げるパターン

 

常に逃げているので、どんなに「変わりたい!」と頭で強く考えていても、現状が変わることはありません。

また向き合わないことで問題が悪化したり、「逃げる」ことが癖になるため、「強化モード」との相乗効果でさらに強化されていきます。

 

この「ダメな自分がバレないように」は、周囲の人たちにバレないように、というだけでなく、

実は「自分にバレないように」という意識(無意識です)もとても強いのです。

できない自分、ダメな自分を認めたくない、

そしてそんな自分にガッカリしたくないという思いが潜在意識(無意識)にあるからです。

 

ダメな自分を認めたくない、自分にガッカリしたくないから

「逃げる」のは、ダメな自分を認めたくない、自分にガッカリしたくないから


 

 

3. 補償モード

これは、できない自分、ダメな自分を

「そうであってはいけない!」

と強く打ち消し、奮い立たせるように行動するパターンです。

まるで穴を埋めるような、足りないところを補うような、罪を償うような感覚で行動することから、補償モードと名付けられています。

 

自分を奮い立たせる方向にエンジンが入るので、「頑張る」「努力する」といった前向きな行動となり、一定の成果や満足感も得られます。

 

補償モード:頑張り続け、終わりがないパターン(成果依存)

補償モード:頑張り続け、どこまで行っても終わりがないパターン(成果依存)

 

しかし、そのエンジンの燃料は「補償」です。

成果が出ても満足できても、その安心感が長続きすることはなく、すぐまた足りない部分や穴に目が行き、

「もっと結果を出さなければ!」「もっと上を目指さなければ!」と、終わりなき頑張りとなって次第に消耗していきます。

 また「成果を出す」ことに依存し癖になるので、これも「強化モード」と相まってますます強化されていきます。

 

「補償モード」は成果につながるため、ある時期までは有効に働くメリットもあるのですが、

「どこまでいっても満たされない…」

「一体いつまで頑張り続けたらいいの?」

と、その違和感を放置したままエンジンを回し続けると、

燃え尽きたり、鬱や身体の不調となって表面化します。

特に30代後半以降の方に、多く見られるパターンです。

 

 

「補償」のエンジンを回し続けると、やがて強制終了に

「補償」のエンジンを回し続けると、やがて強制終了に


 

根底にはビリーフがある

 

これらの行動パターンの背景には、ビリーフ(自己否定の思い込み)があります。

 

ダメな自分、ネガティブな自分を隠すために、傷つかないためにビリーフは発動し、そうして自分自身を守ります。

 

行動パターンの背景には、自己否定のビリーフがある

行動パターンの背景には、自己否定のビリーフがある



 

《1. ざっくり概要編》 《2. 原因編》 《3. 目的編》 でも書いたように、ビリーフは「自分を守るため」の生き残り戦略なので、その戦略が上手く機能している間は、同じパターンの行動を繰り返していても何の問題にもなりません。

 

問題になってきた、苦しくなってきたのは、その戦略が上手く機能しなくなったから。もう現在の自分には合わなくなったから。

 

 

「なぜいつも同じパターンなんだろう?」

「また同じことの繰り返しで、もう嫌だ!」

「どこまで頑張り続ければ、満たされるんだろう?」

 

といった疑問が生じたなら、その違和感に気付いたなら、一度自分自身に向き合って、どんなビリーフを根底に持っているか、確認してみることをお勧めします。

 

こちらのサイトで、ビリーフ診断ができます。↓

 

自分はこんなビリーフ(思い込み)を持っているんだな、

自分にはこんな傾向があるんだな、

と理解するだけでも、感情に飲み込まれることが減り、

また、「今、何が起きているのか」を客観的にとらえることができるようになります。

 

そして、

「強化モード」でスルーしていたことを採用してみるとか、

「回避モード」でいつも逃げてきたことに挑戦してみるとか、

「補償モード」で頑張り続けたことを辞めてみたり誰かにお願いしてみるとか、

 

そんな風に、いつもとは逆のパターンの行動ができたなら、現実は「本来の自分」が望む方向へと変化していくでしょう。

 

 

いつもとは逆の選択をしてみよう

いつもとは逆の選択をしてみよう


このシリーズ、たぶんもう少し続きます。