次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

綺麗になってもいいよね

 

先週末はメイクの講座へ。

 

以前に参加した「美塾」の初級講座で一緒だった恩田典子さん が、その後講師になり、初級講座の復習会を開催してくれたんです。

 

ameblo.jp

 

 

メイクとかファッションとか、一般女性に比べて、かな~り関心度低めの私ですが、

「これはちょっとおもしろそう・・・」

となぜか心惹かれて参加したのが、1年半くらい前。

 

 

当時、「ファンデーションはムラのないように全体に伸ばすもの、それが正解!」

と当たり前のように思っていた固定観念が、そのときぶっ壊れ・・・Σ(゚ロ゚;)

 

 

素の魅力を4つのタイプに分けるというのも、わかりやすくて好きです。

なぜってタイプがわかると方向が見えますよね、こっちじゃなくてこっちだと。

 

 

私のタイプは、穏やか癒し系の『清』で、

クールビューティかっこいい系をめざしていたのは無駄な努力であったと、良い意味であきらめがついたのでした。

 

『清』タイプは、何もしていないかのように仕上げるのが理想だけど、けっこう難しい・・・本当に何もしないと、貧相になってしまうしね・・・(^_^;)

 

 

あれから1年半、すっかり忘れていた基本や、苦手なビューラーの使い方までていねいに教えていただき、帰る頃にはほんわかと自然に口角が上がっていました。

 

 

聞くと、

自分で自分の魅力を抑えてしまっている人や、

私はここまでで十分と思っている人、

綺麗になることを自分で制限している人、

そんな方々がやっぱりいらっしゃるそうです。

 

もちろん私もそのひとりだったので、よーくわかります。

私の場合は、母親がほとんどお化粧しない人だったので、その影響を受けています。

 

 

お母さんがお化粧していないのに、私がするなんて・・・

お母さんが好きなものを買っていないのに、私が買うなんて・・・

お母さんが楽しんでいないのに、私が楽しむなんて・・・

 

 

 お母さんよりも幸せになってはいけない、と無意識に思い込んでしまうんですね。

 「お母さん」の影響って、本当に深いです。

 

この辺りの「心の仕組み」を知りたい方は、こちらへ。↓

 

meg-m.hatenablog.com

 

 

マイルールを敢えて破ってみたり心の学びを深めたり、いろいろ取り組んできたおかげで、最近はかなり軽~くゆる~く(そしてポンコツに)なってきました。

 

私も、綺麗になってもいいよね。

 

f:id:meg_m:20180502161759j:plain

  典ちゃん、ありがとう!(^o^)