次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

ノミの法則

 

先週の金曜日は、心理の師匠、大塚あやこさんのライブへ。

 そこで、【ノミの法則】の話を聞きました。

 

ノミって、あのぴょーんと飛んで噛まれるとかゆい、あのノミです。

 

ノミの飛ぶ力は、自分の体長の数十倍とも100倍(150倍という説も)とも言われています。

2ミリのノミなら、20センチ。9ミリのノミなら1メートル近くまでジャンプできるということですね。(なんか、かゆくなってきた・・・)

 

 

で、それだけジャンプ力のあるノミを、コップに入れて蓋をして閉じ込めると・・・

 

どんなにジャンプしても蓋があるのでコップから出られない

そしてその状態がしばらく続くと

蓋を外しても、以前のようにジャンプできずコップから出られなくなっているそうです。

 

 

では、どうすればノミは元のようにジャンプできるようになるのか?

 

それは、数十倍~100倍のジャンプ力のあるノミと一緒にすること。

 これを【ノミの法則】というそうです。

 

 

仲間のノミと一緒にいることで、

「あっ、オレも飛べるんだった」

と、本来の自分を思い出すんでしょう。 

 f:id:meg_m:20180325182039j:plain

 

この法則、成功哲学として、ビジネスの世界でよく出てくる話のようです。

成功している人や自分が憧れる人のそばへ行くと、自分も早くその人のようになれる、って聞いたことがあるけど、ちゃんと法則があったんですね。

 

「憧れる」ということは、自分の中にも同じような要素があるからで、

その人と一緒にいることで、自分の中にあるその要素が出てくる・・・

すっごく腑に落ちました。(^o^)

 

 

コップに閉じ込められたノミは、なんだか人間と似ている気がする。

私たちは環境の中で、いつの間にか自分の本来の姿や力を忘れてしまうのかも。

 

 

少しずつハードルを高くして脚力をつけて飛べるようにする「努力」や「頑張る」

というのが今までの時代の「やり方」だとしたら、

 

憧れる人、そうなりたい人の近くに自分を置くことで自らを変える、というのは、

自分の「在り方」そのものを変えること。

 

これからの時代は、こっちが主流になるかもしれません。

 

 

自分で勝手に「どうせここまでしか飛べないし」「だって自分はダメだから」

と思い込んでいたその考え、その思考(ビリーフ)をぶっ壊すって、こわいけど気持ちいいんです。

 

ビリーフをぶっ壊す、に興味のある方は、

5/19(土)東京都港区六本木  13:30〜17:30

「ビリーフリセット入門講座」をのぞきに来てくださいね。

詳細はこちらから ↓ meg-m.hatenablog.com