次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「ビリーフリセット」を、ゆる~く解説してみる《1. ざっくり概要編》

 

日本で一番ゆるーい「ビリーフリセット」解説

《1. ざっくり概要編》

「思考が現実化する」とか、「心が先で、現実は後」などの表現を、

聞いたことはありますか?

 

目に見えない「心」の仕組みを解明し探究するのが「心理学」ですが、

なにぶんにも見えないので、理解してさらに腑に落とすのは、なかなか大変なものでして。

 

今回は、私が学んだ「ビリーフリセット®︎心理学」を、

できる限り専門用語を使わずに解説してみる、という挑戦に出てみました。

 

その筋(心理系)が苦手な方にもわかりやすいよう、ゆるゆるなノリでお届けします。

今回は、ざっくりとした概要編。

 

f:id:meg_m:20210410130928j:plain

 

「思考が現実になる」プロセス

 

人が「今ここ」にこの状態で在るのは、過去の行動の結果ですよね。

あなたも私も、これまでの行動の結果、今現在こうして存在しています。

現実は「行動」により作られます。

 

そして、「行動」は「選択」の結果です。

「行く行かない」「食べる食べない」「やるやらない」「続けるやめる」全ては、

意識的にまたは無意識に「選択」したことによるものです。

 

あらゆる「行動」は「選択」の結果

あらゆる「行動」は「選択」の結果



ではその「選択」は、「何を根拠に、何を基準にしているのか」というと、

意識的にまたは無意識に「何らかの考え・思考」に基づいて「選択」しています。

 

この 「何らかの考え・思考」に基づいてというのが目に見えない部分であり、

また無意識のことが多いので、わかりにくいわけです。

 

このプロセスを図式化すると、こんな感じ。↓↓↓

思考が現実になるプロセス

思考が現実になるプロセス






では「考え・思考」の部分を、もう少しアップで見てみます。

 

 

「考え・思考」とは、「顕在意識と潜在意識」

 

「考え・思考」には、深度があります。

そして、

◎自分でわかる(意識できる)領域の「顕在意識」

◎自分でわからない(意識できない)領域の「潜在意識」

があります。

 

 

「顕在意識」と「潜在意識」

「潜在意識」は、まるで深海みたい

 

浅い領域にある「考え」は、例えば、

「〜〜したい!」(欲求)や、

「〜〜しなければならない」(義務)や、

「〜〜してはいけない」(禁止)など、

「行動」のための「考え」です。

 

「顕在意識」にある、自分でわかっている「欲求」なら、

「〜〜したい」 → やる

「〜〜したくない」 → やらない

と、自由に選択できますが、

 

「義務」と「禁止」は、「行動を制限」する考えで、

自分で自由に選択しているというより、

気づかないうちに(無意識に)これらの影響を受けていることが多いのです。

 

自分の中に「義務」「禁止」が多いほど、動ける範囲が狭くなる

自分の中に「義務」「禁止」が多いほど、動ける範囲が狭くなる





「義務」「禁止」の「考え」とは、言い換えると「行動」のための「自分のルール」なのですが、

 

それでは、その「義務」や「禁止」の「考え」「自分のルール」はどこからくるのか、その根拠は何かというと、

さらにもっと深いところに、元となる「考え」があるからです。

 

「〜〜しなければならない」

「〜〜してはいけない」に、

 

「それは、なぜ?」と問い掛けると、

「なぜなら、〜〜だから」

 

と、その根拠となる「考え」が、さらに奥深くから出てきます。

(※その考えが言葉でスッと出てくるあなたは、相当な自己探求マニアですね)

 

それは、

「○○は、△△だ。」「○○とは、~~なものだ。」とか、「A = B」といった

「定義」「前提」(良くも悪くも、決めつけ)みたいなものでもあり、

大事な価値基準や信念でもあります。

 

主語に「自分」が入ると、自分が考える「自己定義」となるし、

主語に「誰か」が入ると、自分が考える「その人の定義」になるし、

主語に「世界」が入ると、自分が考える「世界の定義」「世界観」になります。

 

 

「定義」「前提」は、行動レベルまで影響

「定義」「前提」は、行動レベルまで影響




 

しかし実際はこんなに単純ではなく、

「潜在意識」の領域は、ミルフィーユみたいにもっと何層にもなっている上、様々な「考え」がそれぞれ複雑に絡み合っているため、まるで迷宮のような状態です。

 

 

また、自分でわかっている「欲求」であっても、

「すごく~~したいのに、なぜかどうしても、できない・・・」

という場合には、「潜在意識」の領域(なぜかどうしても・・・の領域)に、

「そうはさせない!」という別の「考え」があって、その影響を強く受けているため、

 

「やりたいのに、できない・・・なぜか理由はわからないけど・・・」

と、自分ではさっぱり???な状態になるわけです。

 

その「考え・思考」(←ビリーフ)をリセットする

 

「ビリーフリセット®︎」は、

「義務」「禁止」や、その奥にある「自己定義」「世界の定義」などの中から、

自分を縛る否定的な「考え・思考」(←ビリーフ)を拾い出し焦点を当て、

 

「その考えは、本当なのか?」

 

と、検証していく方法です。

 

例外を探したり、そもそも「いつどこで」その考え(←ビリーフ)を持つことになったのか、を紐解いたりしながら、

◎その「考え・思考」があることで、得たものやメリット

◎その「考え・思考」があることで、得られなかったものやデメリット

それぞれを明らかにし、

 

◎その「考え・思考」が、現在の自分にとって必要なのか

◎その「考え・思考」を、今後も持ち続けたいか

自分で「選択」できるようにします。

 

そしてその上で、

その「考え・思考」であっても、そうでなくても、どちらでもいい

 

という、まっさらでニュートラルな(自由に選択できる)状態を、

頭の中だけでなく身体に落とす(腑に落とす)のが、「ビリーフリセット®︎」です。

 

その「考え」(←ビリーフ)がリセットされると、その分自由になる

その「考え」(←ビリーフ)がリセットされると、その分自由になる



「良い悪い」ではなく、 必要なければ「リセットする」ことで、自由に発想し行動できるようになります。

 

そうして、

「本来の自分」の在り方を取り戻し、

「本来の自分」で生きるステージ(自己実現)へと進む

そのためのひとつの手法です。

 

 

 

次回は、その「考え・思考」(←ビリーフ)がなぜできたのか(原因)と、

何のために必要だったのか(目的)について、ゆる~くお届けする予定です。

お茶でも飲みながら甘いものでも食べながら、ゆるゆるお読みいただければ幸いです。

  

常識を疑え

 続きはこちら ↓

meg-m.hatenablog.com