次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「狸の札」練習中

 

この夏は「落語」に手を出しております。

 

 

先日の「朗読ゼミ」が終わり、続いて参加したのがこちらの「落語ゼミ」。

 

tenro-in.com

 

通信とはいえ、プロの噺家の師匠に直接指導していただける機会なんて、めったにあるもんじゃあございません。

 

芝居とはまた違って、約束事や型、テンポなどすごく難しい。。。

 

 

f:id:meg_m:20210725164934j:plain

 

そういえば娘が小学生の頃、読み聞かせのボランティアで落語絵本「目黒のさんま」を読んだことがありました。

 

世間知らずのお殿様が面白く、とても好きなストーリーなのですが、あまりにも読むのが難しくて、

 

 

これは手を出しちゃいけないやつだ (>_<)

 

 

 

と思い封印。それ以降は落語には縁もなく・・・

 

 

あれから10年くらい経つのかな。

まさか落語を自分がやってみるなんて、そんな日が来ようとは・・・・・・

えー、人生はわからないものでございますな。

 

15分ほどの物語、暗記するのもこの歳ではけっこう大変なものでして。(^_^;)

ご飯の支度をしながら、洗濯物をたたみながら、仕事中も(おい)、そしてトイレの中でも、

ブツブツと口に出して暗記中。

 

 

江戸時代の下町、長屋に住んでる妄想が始まっております。

当時の暮らし、なんか楽しそう・・・

  

f:id:meg_m:20210725170110j:plain

昔から、狐狸が人を化かすなんてなことを申しまして・・・