次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

あなたって、○○な人

「あなたって、○○な人ですね。」

 

と言われて、

「ええぇー!?」と、思わずのけぞってしまった・・・

 

最近、そんなことがありました。

 

自分のことは、自分が一番わかってない

とはよく言われますが、ホント、

自分のことってわからない・・・

 

 

先日、小夏さんの「カラフルノートグループコンサルティング」にモニター参加したときのこと。

(モニターって、料金がお得なのもあるけど、主催者と一緒に作っていくプロセスを体験できて、なんか嬉しい♪)

 

 

事前に送っていたアンケートと当日の様子を元に言われたのは、

 

 

「ていねいな人ですね。」

 

 

ていねい?・・・ん?・・・・・・?

 

仕事が(いや、何をするにも)遅い、というのは確かに自覚してますけど、

そうか、「仕事が遅い」をひっくり返して強みにすると「ていねい」か・・・

 

自分のことはかなり見えてきたつもりだったけど、「ていねい」は見落としていましたね。あまりにも当たり前すぎて。

 

 

どのくらい当たり前かというと、

 

「私、酸素、吸ってます」

 

くらいに、当たり前。

 

 

自分の本当の強みは、自分では当たり前すぎて気づかない

 

これはマーケティングで、自分の強みを見つけるときのキホン。

 

自分では当たり前でそれが他人には難しいこと、それが一番の強み

 

シンプルなだけに、やっぱり難しいですねえ・・・(-_-)

 

 

 

 

そしてもうひとつ言われたのが、

 

 

「周りから頼られる人ですね。」

 

 

 

 

 

「・・・・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

はい?

今、なんと?

 

 

「頼られる。」

 

 

 

周りから頼られる?

この私がですか?

 

 

 

「ええぇー!?」

と、のけぞったのはここでした。

 

 

 

それまで、一生懸命なろうと頑張っていた、いわゆる

「かっこいい系」

「クールビューティ」

は、自分ではないとあきらめた矢先。

 

 

どうやら自分は、

ふわふわした癒し系で、

ちょっと浮世離れした感覚があり(妖精っぽい)、

若干天然キャラらしい・・・

 

と、自分の存在感のなさを受け入れた矢先だっただけに、

 

 

「頼られる人」というのは、衝撃で。

 

 

でも、後日この件を話すと、

「うん、そうだよ~」と言ってくれる人が何人も。

そうなんだ・・・

 

 

未だに自分ではピンとこないけど、「頼られる」アンテナが自分の中に立ったので、今後は証拠が集まってくるかもしれない。

 

 

自分のことって、自分で見つけるより他者に頼って見つけてもらっちゃう方が、よっぽど早いし的確なのでは?

 

と、ますます他力を信じるようになったのでした。

 

 

f:id:meg_m:20171116191918j:plain