次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

それは、信念だっ!

 

知り合いがステマに関わっていた。

 

ステマとは、ステルスマーケティングのこと。

報酬をもらっていることを隠してクチコミを書いたり、当事者と気づかれないよう第三者を装って比較サイトを作るなど。

 

著名なタレントによるステルスマーケティングが、一時問題視され話題になったこともある。

 

アメリカでは違法行為としてガイドラインがあるようだが、日本ではまだグレイゾーン。ネット上には、数多くのステマがあふれている。

 

気づいてからずっとザワザワが続いている。

胸の辺りがイヤな気分。

f:id:meg_m:20181204161652j:plain

 

 

ステマだと見破るのは、ちょっと難しいかも。

私は元々疑り深い性格と、広報やweb関連の仕事をしていたことで、いろんな手口があることを知ってしまった・・・

 

少しでも良いものを自分に合ったものを選びたい、という消費者心理と、

少しでも多くの人を自社のサイトに呼び込みたい、という企業の思惑の間で、

 

様々な手法がとられていて、しかも巧妙化している。

 

 

現在ではグレイゾーンで、法律にも引っかからないように上手くできているということは、

 

「それ、何が問題なの?」

という見方だってある。

 

「~~してはいけない」「~~するべきだ」といった思い込みやルール(ビリーフ)を、

自分の中からひとつずつ手放していくことで、生きやすくなったり行動範囲が広がったりする。

 

常識にとらわれない生き方、と考えれば、

「どちらでもいい」が増えれば自分にも他人にも寛大になれる。

 

 

昨年から心の仕組みを学んで「どちらでもいい」を増やしてきたけれど、

それでも「これだけは譲れない!」というものが誰の心にもある。

 

ここが「どちらでもいい」になったら自分じゃなくなってしまうもの。

それはビリーフではなく、自分を支える「信念」だ。

 

ビリーフとは、幼い頃に生きていくために自分で作ったルールや思い込み。

それは信念とは何が違うのか?

 

ビリーフは子供の頃に自分を守ってくれた子供サイズの洋服(鎧)で、もう大人になったから必要ない。着ていると窮屈だし、動けない。だから手放す。

 

信念は自分を支える骨のようなもので、自分の内側、中心部分にある。

捨ててしまったら、きっと自分ではなくなってしまうだろう。

 

 

今回のことで見えてきた、私の中にある譲れないもの。

「偽らない」「欺かない」「隠さない」

 

それはビリーフではなく、私の大事な信念。

バカ正直で、損してもいい。

自分の感覚を大事にして生きていこう。