次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

初めてでも、とんでもなく上手くいく

 

明日は私が担当している授業の中で、初の実験的な試みがあります。

 

「ものづくり」をする上で一番大事な自分の「根っこ」を探して自覚する、

自分が創りたい世界観を確認する、という授業。

 

これまで培ってきた、「自分」を発掘するスキルを応用したワークショップ的なものになりますね。

 

昔のビリーフ(自己否定の思い込み)まみれだった頃の自分なら、おそらく

「そんな出来るかどうか、確約できないものは無理です!」

と断っていただろうなと思います。

 

でも「上手くいってもいかなくても、どちらも大丈夫」という「大丈夫ワールド」を、ここ数年で何度も体験してきたので、

じゃあ試しにやってみますか、のノリでやることになったのでした。

 

私は、「継続」よりも「初めて」を作るときに力を発揮しやすいという傾向があるのですが、それでもやっぱりちょっと緊張します。

そして「ま、大丈夫だろ ♪」とは思っても、それでもやっぱり「上手くいかない」より「上手くいく」方がいい。

 

そんなことを思っていたら、いつも読んでいるメルマガでタイムリーな記事が来ました。↓

ameblo.jp

 

調子がいい時も、悪い時も、普通の時も、



「自分はとんでもなくうまくいく」



というところに気持ちを置いていてください。

※椎原さんのサイトから引用させていただきました

 

 

うん。

たまには、「とんでもなく上手くいく」ことにしてみようか。

だって、何を質問したら「根っこ」が見つかるか、確信があるんだもの。

 

デフォルトが「謙遜」の人は、これくらいでちょうどいいのかもしれないですね。

 

明日は、とんでもなく上手くいく。

初めてでも、とんでもなく上手くいく

初めてでも、とんでもなく上手くいく