次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「マーケティング」との出会いを振り返る

 

マーケティングに出会ったのは、2006年。
それまではモノが売れる仕組みとかビジネスモデルとか経済活動とか、そんなの全く1ミリも考えていない、普通の女子でした。

 

仕事上必要に迫られて、というか当時、業績が悪化して向き合わざるを得なくなった・・・ってとこですが。(-_-)

 

ところが、本をいろいろ読んでみると、これがすごく面白い!
そうかぁ、こういう風に仕掛けてるから買っちゃうのか~とか、サンプルって親切で配ってるんじゃないのねとか(当たり前ですけど…)、うわあ、私引っかかってるわとか…

本屋さんのビジネス書売り場をウロウロするのが日常となりました。

 

そうしているうちに出会ったのが、このブログでも書いている「戦略BASiCS」です。

どんなに時代が変わっても変わらない、普遍の本質がここにある!と思って、のめり込んだわけです。

meg-m.hatenablog.com

 

「戦略」と名前はついているけど、競合とか誰かを倒すとかそういう考え方ではなく、

深く知れば知るほど「生き方」につながる、そして「個」が輝く「みんな違って、みんないい」世界の実現にもつながるもの。

 

そんな「戦わなくていい、戦わずに済む戦略」をみんなが持てたら、世界はどんなに平和で幸せなものになるだろう…

 

私は「洞察系HSP」なので、物事の本質とか普遍的な概念とか世の中の法則とか、そういったものにすごく惹かれるんですね。

そんな私には、「マーケティング」は「世の中を動かす仕組み」に見えました。

 

「この仕組み」で全ての経済活動が動いているのだとしたら・・・

選ぶ側と選ばれる側、その間に「この仕組み」があるのだとしたら・・・

「この仕組み」を理解して自分ごとに活用できたら、世の中を動かす側にまわれる!

 

その想いは、今も変わりません。

 

マーケティングの世界には今もたくさんの考え方や手法、流行り廃り等があって、

大手にしかできないやり方もあるし、一流ブランドしかできないやり方もあります。

 

そして個人だからこそできる、個人でなければ上手くいかないやり方もあり、私が特に興味関心を向けているのが、

過去の自分自身がそのまま理想のクライアント像になる、「自分だから」選んでもらえる世界。

 

個人で起業して、必要を感じてマーケティングを学び始めた方。

又はこれから起業する予定で、マーケティングを学び始めた方。

その中でも特に、自分が提供するサービスで、

誰かを後押ししたい、

「本来の自分」で生きるためのサポートをしたい、

古い価値観に囚われて動けない人を自由にしてあげたい、

その人の成長を一緒に見守りたい、

と考えている方には、「心の仕組み」を加えて書く、私のマーケティング記事はぴったりなのかもしれないですね。

 

マーケティングで大事なのは、理想のクライアントとの出逢い

 

「戦略BASiCS」提唱者の佐藤義典先生のサイトはこちら ↓

www.sandt.co.jp