次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

切り替わりの2月

 

昨日は節分、そして今日は立春ですね。

春夏秋冬を二十四分割した「二十四節気」では、立春から新年ということらしいです。

 

そのせいか、なんとなく季節の切り替わり、節目のようなものを感じる人も多いのかも。

 

お正月に新年を感じる人もいれば、立春に新年を感じる人もいる……人それぞれで面白いですね。

 

f:id:meg_m:20220204181816j:plain

 

 

私の場合はもちろんお正月にも「年が明けた~!」を感じるのですが、それとは別に2月に入ると、いつも何とも言えない妙な「切り替わり感」がやってきます。

今年もやっぱり来た。

 

2月は誕生月でもあるし、母の命日(生みの母、育ての母とも)もある。

その上「節分」「立春」という暦の節目が追加されるので、見えない圧のような何かを感じているのかもしれません。(でも感じるだけで、特に何も見えないよ)

 

 

わずかながらフェーズが変わるのかも知れないし、

在り方が変わるかもしれないし、

環境や生活スタイルなど、目に見える変化もあるかも。

 

「春」というのは、新しい何かを予感させてくれます。

 

昨夜は買ってきた恵方巻を食べ(ズボラ)

掃除が大変なので豆まきはせず(ズボラ)

 

外は寒いから、鬼さんもおうちに居ていいよ、と、

「福は内、鬼も内」と言いながら豆を頂きました。(歳の数は食べれない、無理)

 

健康に気を付けて、これからの一年も「私」を生きていこう。

 

福は内、鬼も内

福は内、鬼も内

 

 

◆「自分」をもっと深く知りたい方へ ↓

meg-m.hatenablog.com