次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「自分」を発掘するための質問 4.

 

「才能」と「アイデンティティ」を見つけるための方法として、私がセッションで使っている【質問項目】を紹介するシリーズ。今回は、子ども時代についての質問が2種類あります。

 

【質問 4-1.】

子どもの頃、好きだったことや夢中だったことは何ですか?

 

これは、本来の自分の姿や純粋な自分の喜び、元々持っている「熱」や好奇心などを見つけるための質問です。

 

子どもの頃に好きだった遊びや、夢中になってやっていたことを思い出してください。楽しみに観ていたアニメ、マンガ、TV番組などがあればそれらも書き出します。

 

【質問 2.】で書き出したことと重複することも出てくると思います。

こちらの方は子ども時代の経験なので、大人から刷り込まれた価値観や社会常識にとらわれない、より純粋な本来の「好き」「ワクワク」が見つかります。(というか、思い出します)

 

自分の「熱」や「興味関心」がどこにあるのかをこの質問からも確認することができ、「好き」は大人になっても変わらないんだな、最初からだったんだなと気付くと思います。

 

子供時代に夢中で遊んだことにヒントがある

子供時代に夢中で遊んだことにヒントがある



 

【質問 4-2.】

子どもの頃、本当はやってみたかったこと、よく怒られていたことは何ですか?

 

この質問も、本来の自分の姿や自分の「熱」を見つけるためのものですが、それだけでなく封印した「力」や「個性」も教えてくれます。

 

「空気を読む」ことを求められたり、「同調圧力」の強い日本では、子ども本来の伸び伸びした個性を、周囲の大人たちから「出してはいけない」と止められることがよくあります。

 

元気いっぱいで楽しいはずの個性が「調子に乗ってはダメ!」と抑えられたり、

逆に1人で静かに遊ぶのが好きな子が「子どもは外でみんなと遊びなさい」と無理やり外に出されたり、

好きでもない習い事を「将来のためになるから」と強制され、母親の喜ぶ顔見たさに頑張ったり、

 

など、誰でもいくつか思い当たるのではないでしょうか。

 

・親や先生によく怒られていたこと

・本当はやりたかったけど出来なかったこと

・我慢して諦めてしまったこと

 

など、思い出して書き出してみてください。

眠っていた自分の「力」「個性」が、目を覚ますでしょう。

 

大人たちによく怒られたことの中に「個性」が見つかる

大人たちによく怒られたことの中に「個性」が見つかる

 

続きはこちら ↓

「自分」を発掘するための質問 5. - 次の時代へ案内する

 

 

【質問 1.】から順に読みたい方はこちらからどうぞ。↓

「自分」を発掘するための質問 1. - 次の時代へ案内する