次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

潜在的な動機

 

人間の行動には、動機があります。

 

はっきりと自分でわかっている動機もありますが、

「本来の自分」にとって重要なのは、むしろ自分でわかっていない潜在的な動機の方。

 

「何故かわからないけどやってしまう」とか「気付くとまたやっている」など、「時間」や「お金」を(無意識に)費やしているモノやこと。

そこに、その人の大切な価値観や動機があります。

 

人は面白いくらいに同じことを繰り返している。

時期やシチュエーションが違っても、その行動の背景にある動機は同じ。

 

 

一見バラバラにも思える行動の背景を探ると、「共通の動機」が見えてきます。

それが「その人ならではの動機」であり、またその人を「その人たらしめる要素」でもあるので、発掘セッションではその「共通項」を見つけることが手掛かりになるんです。

 

でもまぁ……自分ではなかなかわからないですよね、だって無意識にやっていることなので。だからこういったセッションのサービスが成り立つわけですし。

 

潜在的な動機は、自分では見つけにくい

潜在的な動機は、自分では見つけにくい

 

心の仕組みを一緒に学んだ友人、内藤たみこさん(たみちゃん)の場合は、

「終わらせたい」

「完結して、次(明るく楽しい方)へ向かいたい」

という動機。

そしてそれは、思わぬ形で日常の中で現れたり(暴走?)する、というエピソードをこちらで綴っています。↓↓↓

 

note.com

 

知っているだけに、彼女がスタンプラリーを必死にやっている姿を想像したら……いや〜、笑ってしまったよ。

(^o^)

 

 

特に興味もないはずなのに「何故かやってしまう」その行動。

無意識に人を動かすその「潜在的な動機」は、その人本来の在り方(アイデンティティ)から来るもので、泉から湧き出るような「枯れない熱」が、その行動の燃料になっています。

 

たみちゃんの在り方(アイデンティティ)は、まさにカウンセラーそのもの。

それも、寄り添って『共感する』とか『癒す』とか『背中を押す』とか、そんなレベルではなく、

 

 

それまでの「生」を終わらせる

次へと転生させる

 

その姿は、まるで「神」

発掘セッションでは、生々しいイメージが浮かんだり言葉が降って来ることがあるのですが(これって実はあんまり言いたくない、だってなんか怪しい感じがするし・・・)、

たみちゃんのときのそれは、「最後の審判」の壁画となぜか?砂地の「アリ地獄」。

 

f:id:meg_m:20210929102132j:plain

 

彼女の在り方は、喩えるなら「転生させる閻魔大王」なんです。

 

「もう嫌だ、終わりにしたい、本当に今度こそ変わりたい!変わるんだ!!」という人を、次の生き方へと転生させる、そんな力をたみちゃんは持っています。

profile.ameba.jp

 

そういえば、最近の漫画やアニメは、「異世界転生もの」がすごく多い!

流行っている漫画やアニメには、その時代が表れることがよくあります。

きっと多くの人が、次の「生」、次の生き方(自己実現)を潜在的に感じているのでしょう。

 

 

発掘した才能とアイデンティティについて、

「恐れ多くて受け取れない」

と言う方も時折いらっしゃるのですが、

 

私の方では発掘したその人の宝物(才能、アイデンティティ)については自信があります。

まるで未来を見てきたかのような、すでに「知っている」感覚なので。

 

いつかその人にとって、最適なタイミングで受け取ることになり、

その力に降参し、他者のためにその力を使うときが来ます。

 

meg-m.hatenablog.com