次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「マインドフロー」止まる理由 ー相手の心理ー

 

「マインドフロー」とは、

あなたを知ってから実際に商品やサービスを受け取り、満足してファンになるまでの相手の「心の動き」を表したものです。

 

前回の記事は、こちら ↓↓↓

meg-m.hatenablog.com

 

最終段階の《7. 愛情》を通過しファンになるまで、

相手(クライアントさん)はひとつひとつの関門を通って、あなたのところへ近づいてきます。

 

「マインドフロー」相手はそれぞれの関門を通ってくる

「マインドフロー」相手はそれぞれの関門を通ってくる

 

つまり、その関門を通過できなければゴールまで辿り着けないのです。

 

 

そして、それぞれの関門ごとに、相手が「止まる理由」があります。

それがこちら ↓ 

マインドフロー:相手が止まる理由

マインドフロー:相手が止まる理由

 

《認知》 そもそも存在を知らないと始まらないし

《興味》 知っていても興味がないとそれまでだし

《行動》 興味があっても動いてもらえないと進まないし

《比較》 比べて競合の方が良かったら、そっちへ行ってしまうし

《購買》 買おう!と思ってもらえても、買えない理由があるとダメだし

《利用》 買ってもらっても、使ってもらえないと意味ないし

《愛情》 使ってもらっても、満足できなかったらファンにはならない

ですよね。

 

100円の商品でも高額な商品やサービスでも、この流れは同じ。

最近あなたが買ったものや申し込んだサービスなど、思い出してみてください。

この流れの通りではなかったでしょうか?

 

 

ちなみに、この流れは恋愛も同じです~♩

《認知》 まず出会って

《興味》 もっと知りたい!と興味を持って

《行動》 LINE交換とかしちゃって

《比較》 でも他の人もちょっと気になる(無意識に、前の彼氏彼女と比べたり)

《購買》 勇気を出して告白してみる

《利用》 実際に付き合ってみる

《愛情》 付き合ってみたら、もっと好きになった!!!

 

ねっ!同じでしょ。(^_-)

それぞれの段階で止まる理由があるのも、恋愛も一緒。

 

ということは、その止まる理由を潰していけば「関門」をクリアしてもらえる、というわけです。

 

恋愛でも使えるマインドフロー

恋愛でも使えるマインドフロー

 

 

次回は、流出しないために、それぞれの「関門」をクリアしてもらうために、何を考えたらいいの?どんな施策を打てばいいの?

 

を、お届けします。ゆるゆる行きま〜す。