次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「マインドフロー」選んでもらうまで ー相手の心理ー

 

理想の相手(お客様、クライアントさん)が

「あなたがいいんです!」

「ぜひお願いします!」

 

とあなたを選んでくれて、その後あなたのサービスを受け、満足して喜んでくれる…

 

そこまでの相手の心理を段階ごとに示した流れ「マインドフロー」を紹介します。

 

マインドフロー

 

「マインドフロー」は、「戦略BASiCS」の佐藤義典先生が提唱している「相手の心の動き」です。

 

マインドフロー:相手の心の動き

マインドフロー:相手の心の動き



1. まず知って(認知)

2. 「これ、いいな」と興味を持って(興味) 

3. 「もっと知りたい!」と更に調べたりして(行動)

4. 「他にもあるかも?」と競合を探したりして(比較)

5. 「やっぱりこれがいい!」と選んでくれて(購買)

6.  実際に使ってみたり食べてみて(利用)

7. 「これを選んで良かった!」と満足する(愛情)

 

↑ という流れ(相手の心の動き)です。

 

今、これを読んでくださっているあなたは、たぶん(目に見えない)何らかのサービスを提供している人だと思うので、 《5. 購買》は「申込み」や「契約」にあたります。

 

 

この流れは、有名な「AIDMA(アイドマ理論)」と《購買》までは、ほぼ同じです。

 

AIDMA:消費者が知ってから購入に至るまで

AIDMA:消費者が知ってから購入に至るまで

 

1. まず知って注目し(注意)

2. 「これ、いいな」と関心を持ち(関心) 

3. 「ほしい!」と思って(欲求)

4. それを記憶し(記憶)

5. 買う(行動)

 

《Action(行動)》は、「AIDMA(アイドマ理論)」では《購買》のことです。

興味のある方は、ネット上にたくさん解説記事があるので、そちらを参考にどうぞ。

 

 

で、ほぼ同じなのに、なんでわざわざ「マインドフロー」推しなのかというと、

《Action(行動)》で購入して、はいおしまい!…だと、今の時代はちょっと、いや、かなりよろしくないから……なのですよ。

 

 

世はSNS時代ですから。

 

 

そこから先、実際に利用した結果に満足できないと、ネガティブなクチコミが出回ってしまうかも知れないわけです。

 

なので、最終関門「愛情」までちゃんと到達してもらえるかどうか、気にかける必要があるんですね。

 

もしも、関門の下の方「利用」段階に問題があるなら(つまり品質に問題ありの場合)、

「認知」してもらう方法をあれこれ考えるよりも、まずは品質そのものを改善するのが先です。

 

 

でも、これを読んでくださっているあなたの場合は、おそらく提供している品質には問題なし(むしろ自信あり!)のはず。

 

なので、もしなかなか申込みが来ないなぁというのであれば、

「認知」から「申込み」までのどこかで、相手(クライアントさん)が止まっているのでは?と思われます。または「認知」の手前かも?

 

それぞれの段階ごとに、やるべきこと、考えるべきことが違うので、

 

「さて、自分の場合は、相手はどこで止まっているのかな?」

というのを、考えてみてくださいね。

 

 

続きはこちら。 ↓↓↓

meg-m.hatenablog.com

 

 

建築家のあなた向けには、こちらでも書いています。↓↓↓

www.designfarm.org

 

 

マインドフローのゴールは「ファンになる」