次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

セッションの名称変更、準備中

 

突然ですが、提供しているセッションの名称を変更することにしました。

以前から、なんか微妙に言葉が違うんだなぁ…と思っていて、また受けてくださったクライアントさんからも「ちょっとわかりにくい」という声が複数ありました。

いつかぴったりの言葉が見つかったら変更したい、と思っていたんです。

 

「名称」とか「屋号」ってものすごく大事で、

「名は体を表す」という言葉通り、その「名」だけで中身、本質を表現する必要があります。

 

キャッチコピーを考えるときに、一番良いのは、

・相手(クライアントさん)の目線で、

・相手(クライアントさん)の望んでいること(嬉しいこと)を、

・相手(クライアントさん)の言葉で、

なるべく短く、端的に表すこと。

 

《例》「開いててよかった!」

「セブンイレブン」初期のキャッチコピー

 ↑ みたいに。(年齢がわかるね)

 

 

なので、理想のクライアントさんが

・「何て」言っているのか?

・どんな「言葉」を使っているのか?

に着目するのがいいんですね。

 

そしてその「言葉」を、別の言葉に置き換えたり要約しないで、そのまま使うこと。

 

という原則に従って、今回、私も変更してみることに。

その原則が、自分にも当てはまるかどうかの実験でもあります。(*^_^*)

 

キャッチコピーだけでなく、商品パッケージ(目に見えないサービスの場合は、紹介するwebサイト等) についても、その一貫性がとても重要になるんです。

 

ここ数日は、ブログの中身についてちょこちょこと細かい修正を重ねています。

意外と熱が巡ってる・・・

 

f:id:meg_m:20210607183002j:plain

 

そして、変更しました。こちらから ↓

meg-m.hatenablog.com