次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

台本を抱きしめた日

 

天狼院書店さんの「演じるコミュニケーション・ゼミ」

その公演発表会が終わった。

 

 

稽古中は常にマスク着用、本番はフェイスシールド着用で、

 

また会場の席を制限し、ライブ配信することで開催していただけた。

 

コロナ渦の今、無事に開演できたことは、もうそれだけでありがたい。

先生やスタッフの方々には、もう感謝しかない。

 

 

封印を解いて 昨年からずっと続けてきて、

気付いたら、やるのが当たり前みたいになっている。

 

まるで、やめたら酸素を供給できなくなるような感覚。

 

 

 

「物語」という異世界の中で生きる・・・その世界の中に浸っているだけで、

 

私という人間は、こんなにも満たされるんだなあ。

 

 

 

帰宅後、共に過ごしてきた台本を、まだ仕舞う気がしなくて、

 

しばらく眺めていたら・・・

 

 

 

 

思わず抱きしめていた。

 

まるで我が子を抱くみたいに。

 

 

ものづくりは自分の分身を作る作業・・・まさに「役」は私の分身だったんだと気付いたら、

 

何とも言えない気持ち、

「愛おしい」としか表現できない気持ちがこみ上げてきた。

 

自分を愛するって、こういう感じなのかなぁ。

 

凍りついたままの「楽しい」を感じるセンサーが、ゆっくりとじんわり溶けていくみたい。

 

 

私の「役」

一緒に生きてくれて、ありがとう。

 

 

未熟で、まだまだ稚拙な表現しかできなかったけれど、

 

それでもあの時間、あの「物語」の世界の中に、確かに私は生きていた。

 

 

異世界への旅は続く。

 

f:id:meg_m:20201123141613j:plain