次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

全ては逆なのだ

 

痩せて綺麗になったら、水着着よう・・・とか

 

英語が話せるようになったら、留学しよう・・・とか

 

もっと文章が上達したら、記事を書こう・・・とか

 

もっと影響力を持てるようになったら、発信しよう・・・とか

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とか、とか、

 

 

 

 

それ言ってたら、永遠にその日は来ない。

 

 

  

だって、逆なのだから。

 

 

先に水着を着るから、痩せて綺麗になるし、

 

留学するから、英語が話せるようになるし、

 

下手なうちから書き続けるから、文章も上達するし、

 

発信し続けるから、影響を受ける人も増えてくる。

 

 

あれもこれも、みんなそう。

 

 

 

 

でも、人は誰しも頭の中に『検閲官』が住んでいて、

ことあるごとに、

 

「お前には無理だ」

 「まだ早いだろ」

「この程度で・・・」

 

と、ささやいてくる・・・(>_<)

誰も何にも言ってないのにね。

 

 

 

 頭の中の『検閲官』は、母親の想いにも似ていて、

 

傷つかないように、嫌われないように、危険な目に遭わないように、

 

リスクを回避して安全に生き延びることができるように、

 

「やめとけ」

 

と言ってくれる。

 

心配するからこその、愛なんだなあ。。。ありがとう。

 

 

 

f:id:meg_m:20201116124052p:plain

 

 

  

「まだ、この程度で・・・」

「もっと上手くなってから・・・」

が、本音だけど、

 

 

この程度なのに人前に晒すから、上手くなる

 

を、信じて。

 

 

いつの日か、「うわ~、こんな下手なのにやってた!?」

と言って笑おう。

ヾ(●^▽^●)ノ♪

 

 

全ては逆なのだ。