次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「反応する」ということ

 

演劇ワークショップで先生から何度も出てきた「反応」という言葉。

私だけでなく共演したみんなが何度も指摘され、その難しさを体感した「反応する」ということ。

 

台詞を言う、というのは相手に言葉を投げかけ相手を「反応」させることで、

 また相手から投げられた台詞を受け取ることで自分も「反応」する、

 そして演劇はその連続で完成する。

 

 

当たり前のように聞こえるけど、

これは本当に難しい。

 

実際、30年前の私は全く出来ていなかった。(意味もわかってなかったな)

 

 

そしてこの「反応する」こそが、コミュニケーションの最初の一歩なんだなと、

50年以上も人間をやってきて、今頃になって理解できた。

 f:id:meg_m:20191104095816j:plain

 そんなことを感じていたら、

何気ない会話の中で友人二人から指摘されて気がついた。 

 

日常生活の中で(特にSNSなど)、

反応しないと(相手が)可哀想・・・という気持ちがある、と。

 

 

そうだ、そういうときが確かにある。

「好き!」でも「共感」でも「応援したい!」でもなく、

 

「反応してあげないと、なんか可哀想・・・」

 

 

(# ゚Д゚)

 

 

 

やばい…

これは、自分自身の「投影」だ。

 

潜在的な自分の姿を相手に「投影」して見ている。

心の仕組み、その基本中の基本。

 

反応してもらえない可哀想な自分の姿を見たくない、

だから私は、反応している。

 

 

うわ~!また気づいてしまった・・・(>_<)

 

 

「反応してもらえない」ということは、

無視されている、いないのと同じ。

 

子どもの頃、父親に「いないことにされた」のが、

まだ傷のまま残っているんだな・・・

 

 

そうかそうか・・・まだ癒えていなかったんだね、

もう大丈夫だよ、

 

と、心の奥底にいる小さな「わたし」に声をかけてあげよう。

私はいつでも「わたし」と一緒にいるからね。

f:id:meg_m:20191104101022j:plain

 

まだまだ、いろいろ出てくるなあ。

探求は続く。