次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

大丈夫ワールド、再び。

 

先日、演劇を通して体感した「大丈夫ワールド」。

 

  「大丈夫ワールド」とは、

 

何の根拠もなく、ただ「大丈夫」だと思える心理状態のこと。

・自分も周りの人たちも、ただ「大丈夫」としか思えない、謎の安心感のこと。

・上手くいってもいかなくても、どちらでも「大丈夫」という感覚のこと。

・失敗してもいいや・・・と思ったとき、「あれ?失敗って何?」と、そもそも『失敗』の意味がわからない状態のこと。

・後から振り返ったとき、客観的な反省点とは別に、「最善だった」という感覚が残ること。

(めぐ辞典による)

 

 

人によって感じ方が違うんだろうけど、私の感覚を言語化するとこんな感じ。

 

 

f:id:meg_m:20191029163002j:plain

 

 

そして最近また、全然別の場面で、同じ感覚「大丈夫ワールド」を味わった。

 

それまでは「出来る気がしなくて」一切やろうとしなかったことを、

なぜか「出来ない気がしなくて」すんなりやってしまった。

(# ゚Д゚)

 

しかも、後から振り返ると、「最善だった」としか思えない。

反省点はいくつもあるけどね。

 

 

わー、何だこれ・・・(*_*)

 

 

「世界は危険なところ」という世界観の中で生きてきた私ですが、

 どうやら住む世界が変化してきているらしい。

 

いや、変化しているのはわかっていたけど、もしや完全に切り替わったのか?

 

斎藤一人さんの言葉の中に、

「地球は『行動の星』だから、動かないと何も始まらないんだよ。」

というのがあるけど、

 

やっと意味がわかった気がする。

 

 

そんなことをぼんやり考えていたら、

ふと頭に浮かんだのが、

 

 

「運転免許、取ろうかな・・・大丈夫だし。」

 

 

 

ひぇ~~~!

私、どうしちゃったんだ~~!

 ∑((((((゚д゚;ノ)ノ