次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

タブーの世界が大丈夫だった話

 

夢のような時が過ぎた。

 

8月からスタートした演劇のワークショップ。先日、無事に公演発表会を終えることができました。

 

この期間、仕事や日常生活を淡々とこなしながらも、意識はどこか異世界へ飛んでいってたみたい。気づけば、ブログも8月の初参加の記事で止まってたし。

 

meg-m.hatenablog.com

 

もう二度とやらないし、近づくこともない・・・

 

 

そう決めていた芝居の世界に、「怖い」ままでもう一度足を踏み入れてみた。

 

昔は感情や感覚にフタをしていたから、頭(思考)で全てを作って表現することしかできなくて、

「ロボットみたい」

「機械が演じてる」

ってよくダメ出しされてた・・・

 

でも当時はフタをしていることにも気づいてないから、

何を言われているのかも理解できなくて。

 

 

心が壊れたのをきっかけに、

心の仕組みを学んで、自己探求が進んで、フタが外れて、

人一倍繊細な自分を思い出して・・・

 

「あー、私、元々こういう人間だった!」

と、まるで元に戻ったような、振り出しに戻ったような感覚になった今。

 

 

もし今、もう一度やってみたら、いったいどんな感じでできるんだろう?

 

と、人体実験のようなつもりで参加して、約2ヶ月。

 

 

 

使っていなかった回路に通電したような、混乱した感覚と、

「今ここ」に集中する瞬間の連続と、

頭(思考)を使わなくても、自然に勝手に上がってくる感情と、

ようやく息ができるような感覚を味わった。

 

皮膚呼吸する生き物なのに、皮膚呼吸できてなかったな、みたいな。

えら呼吸する生き物なのに、えら使ってなかったな、みたいな。

 

 

 

舞台は、誰かひとりが欠けても成り立たない世界。

ひとりひとりに役割があり、各自が自分の責任を果たす。

もしも誰かがミスしたら、誰かがフォローする。

 

そこには、

自分への信頼と、

仲間(他者)への信頼と、

観客と場(世界)への信頼があればいい。

 

 

それらの信頼の上に、

自分の役割に集中し、相手とのコミュニケーションをとりながら、観る人の視点を頭に入れ俯瞰した自分も存在させる。

そしてその世界を楽しみながら物語を紡いで、観る人に楽しんでもらう。

 

なんて高度なコミュニケーション能力を必要とする行為だったんだ!

  

 

自分への信頼も他者への信頼も、もちろん世界への信頼もなかった当時の私には、

 

 

 

 

そりゃあ、無理だわ。。。

 

 

 

 

 

 「怖い」と混乱から始まった今回の体験は、

次第に「もしかして、私楽しいのかな?」に変わり、

本番前日には、ワクワクした待ち遠しい気持ちへと移っていった。

 

それは、「大丈夫」ワールド。

 

「絶対に上手くいく!」とか「失敗しない自信がある!」とか、そんなのとは違う。

 

 

やらかしちゃっても大丈夫、誰かがフォローしてくれるから。

誰かがミスしても、まあ、私もなんとか拾えるでしょ。

観てる人たちも、みんな優しいから笑ってくれるはず。

 

何が起きても起きなくても、それはきっと大丈夫。

 

 

そんな穏やかな安心感に包まれて、本番は過ぎていきました。

 

 

「大丈夫」ワールドを全身で体験できた私だから、この先もたぶんきっと大丈夫。

 

 

貴重な体験をさせてくれた、全てに感謝。

先生、スタッフのみなさま、一緒に過ごしたユニークで素敵な人たち。ありがとうございました!

そして、「怖い」けど行動したあの日の自分にも、ありがとう。(*^_^*)

 

f:id:meg_m:20191026205005j:plain