次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

ボヘミアン・ラプソディ

 

「本当の自分を生きたい。」

 

魂の叫びがロックの音となってほとばしる。

そんな映画でした。

 

サクセスストーリーでもないし、

単にアーティストの孤独と苦悩を描いたのとも違う。

 

  

私みたいにベスト盤のCDを持っている程度の人や、クイーンを知らない世代まで映画館に足を運び、異例のロングラン。

 

 

「本当の自分を生きたい。」が、表面化し加速している。

この動きは止まらない。

 

そんな時代の流れを確信したのでした。

 

 

f:id:meg_m:20181228133658j:plain

 (画像:http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/ よりお借りしました)