次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

親孝行なんて、要らない

「親孝行」

という言葉にザワザワする人、けっこういると思います。

 

私もその一人。

「親孝行」できてなかった、できなかった、もうできない、ザワザワ・・・

「親不孝」あ、私のことだ、ザワザワ・・・

 

 

地球上の最小単位のコミュニティが「家庭」で、

人が生まれて最初に属するコミュニティも「家庭」

 

生物は環境の影響を大きく受けるから、

家庭、特に親から受ける影響は計り知れないものでしょう。

 

いろんな家庭があって、いろんな事情があって、その家ごとにルールがある。「よそはよそ、ウチはウチ!」みたいなね。

 

親の愛を知らなくても、知っていても、どんな環境にいたとしても、

「この私のまま生きていい」

そう思えたらいいな。

 

 

心理の師匠、あやさんの記事です。

この記事がツボに当たる方、多いと思います。

todaysseaway.ttcbn.net

 

 

もっと親孝行したかった、あれもこれもできなかった・・・

たくさんの想いが残ってるけど、

 

自分が親になってみると初めてわかる、

子どもは自分のところに生まれてきてくれただけでもう十分だと。

もう「親孝行」は、終わってる。十分過ぎるほどに。

 

 

生まれてきてくれてありがとう。

私たちを選んでくれてありがとう。

 私を親にしてくれてありがとう。

 

後はもう、ただあなたのままで生きてくれたらそれでいい。

親孝行なんて、要らないよ。

 

 

f:id:meg_m:20181214153439j:plain