次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

請求書は斜めでも

 

昨日、職場で、届いていた封書を開けたときのこと。

「あ、請求書だな~」といつものように処理しようとして、手が止まってしまった。

 

お堅いはずの請求書が、びっくりするくらいに斜め!

 

 

f:id:meg_m:20180130120128j:plain

  きっとプリントアウトするときに、曲がってしまったんでしょう。
よくあることです。

 

しかし、これだけ斜めに印刷されたのをそのまま出すの?

というところにびっくりで、しばらく固まってしまったのでした。

 

 気づいていなかったのかな?とも思いましたが、会社の印はまっすぐ捺印されているので、

 

 

この斜めの請求書でOK!

 

という判断だと思います。

(ちなみに、誰もが知ってる大手企業)

 


以前の私ならおそらく、

「何よ、失礼じゃない!」とイラッとしたり、

「大手のくせに、この程度・・・」と斜に構えたり(こっちも斜めだ)、

気分を害していたと思うのですが、

 

今の私にはそんな感情は全くなく、

 

 

おおっ!こんなの、初めて見た!

( ゚ ω ゚ ) ! !

 

と、新鮮な気分。

 


きちんとしなければ、

ミスのないようにしないと、

失礼のないように、

ちゃんとしなければ、

 

を、たくさん持っていた頃に比べて、こんなにラクなんだな~と、

斜めの請求書を見ながら、あらためて自分の変容ぶりに気づいたのでした。

 

 


「~~しなければいけない」←義務

「~~してはいけない」←禁止

 

は、自分の行動を制限してしまう「思い込み」のツートップ。

 

「ここまではOKだけど、これ以上先に進んだらダメ!」

と自分の動ける範囲を限定してしまうんですね。

 

f:id:meg_m:20180130122240j:plain

 

だから「~~してもしなくても、どっちでもいい」になると、自由に動けるようになる。

自分もラクだし、相手のことも責めなくなる。

 

「どっちでもいい」は、決して「どうでもいい(興味がない)」ということではなく、

「どっちも尊重、どっちもOK」なんですね。

 

よく言われる「ニュートラル」な状態ってこういう感じなんだな~と、感覚でつかめるようになってきたのが嬉しい。

  

だからといって、自分も斜めの書類を送るなんてことはしないけど、

(私はまっすぐの方が気持ちいいし)

 

「何、これ(イラッ!)」よりも

 

「何、これ、ウケる!」

 ヾ(●^▽^●)ノ

 

の方を選択している、そんな自分に気づいた出来事でした。