次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

マーケティング×心理の最先端

 

先週の土曜はビジネス講座へ。

マーケティングと心理の両方を学んでいる私が今、最先端だなあと感じる中の一人、椎原崇さんのビジネスセミナーに参加してきました。

 

たった1日だけの開催に申し込みが殺到し、キャンセル待ちもあふれたため、急きょもう1日追加になったことからも人気ぶりがうかがえます。さすが最先端。

追加開催のおかげで私も参加することができました。事務局のみなさん、ありがとうございます。m(_ _)m

 

 個人で仕事をしたり起業を考えている人にとって必要な内容を、

「マインド」と「ノウハウ」

それぞれの視点から解説。

知っているマーケティング知識も、違ったアプローチがあったりしておもしろかった!

  

ameblo.jp

 

 私、こう見えても(どう見えて?)人を見る目は確かなので、

間違いなく次の時代を牽引していく人の一人だと注目しています。

 

  

最近はいろんなところで、ノウハウ以前の部分「マインド」の重要性が言われるようになりました。

 

表現の仕方は様々で、

「マインド」「在り方」「前提」「存在そのもの」「Being」など、

人によって言い方は違うけど、どれも同じもの。

 

自分という存在が

「どんな在り方なのか?」

「どういう前提でどんな世界観で生きているか?」

 

ということなんですが、

もっと簡単な言い方をすると、

 

「自分にとっての当たり前」

ということでしょうか。

 

魚が水の中で泳ぐのが当たり前、のように。

私たちが酸素を吸って二酸化炭素を吐くのが当たり前、みたいに。

 

そしてこの「当たり前」の中に、自分の「強みの素」も潜んでいるので、

侮れないんですよ、この「当たり前」が。

 

 

最先端のビジネスセミナーで「マインド」が半分を占めるっていうのは、

 

「テクニックやノウハウではもう通用しない」

 

と誰もが感じていることなんだろうなと、あらためて思ったのでした。

 

 

f:id:meg_m:20180123172355j:plain

 途中、本田晃一さんがサプライズで乱入。

会場は、黄色い声援が飛んでましたね~。