次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「戦略BASiCS」を、ゆる~く解説してみる

 

戦略BASiCS



最近は身近な方から「マーケティングの記事がおもしろい。」という声を、ちょいちょい頂けるようになりました。(ありがとうございます)

 

私が書いている「マーケティング」は「心の仕組み」も加味しているのですが、

そもそも「マーケティング」って、人々の「欲しい」心理にどう応えるかという概念なので、まあご近所ですよね。

 

広範囲にわたるその概念の中には、いろんな切り口の考え方や手法があります。

その中で私が「これだ!」と使っているのが、「戦略BASiCS」です。

 

 

「戦場」 「独自資源」 「強み」 「顧客」 「売り文句」

Battlefield ← 戦場(競合も含む)

Asset ← 独自資源

Strength ← 強み・差別化

Customer ← 顧客

Selling message ← 売り文句

 ※『i』は語呂合わせですが、integration(統合, 一貫性)の意味もあり

 の、5つのキーワードで戦略を考えるフレームワークです。

 

私の場合は、進路や生き方に活用する学生向けに講義したり、

カウンセラーやセラピスト、建築家などのナレッジワーカーを対象としているため、

 

◎(活躍する)フィールド (← 戦場)

◎資質・独自資源(← 独自資源)

◎強み(← 強み・差別化)

◎(選んでくれる)相手(← 顧客)

◎メッセージ(← 売り文句)

 

という感じで、言葉遣いを変えています。その方が受け入れやすいと思って。

(だって戦場って聞いただけで、眉間にシワ寄るよね?)

 

そして!日本で一番ゆるい「戦略BASiCS」解説を目指しているので(はい?)、

全体を図式化するとこんな感じになります。↓

 

「戦略BASiCS」 言葉遣い変更バージョン

 

 

自分に当てはめて上手に活用できると、

◎自分が一番活躍できるフィールドで (← 戦場)

◎自分の持っている資質を活かして(← 独自資源)

◎自分にしかできない強みを生み出し(← 強み・差別化)

◎喜んでくれる相手に提供するために(← 顧客)

◎その価値を最適なメッセージで伝える(← 売り文句)

 

という感じで、ストンとはまります。

 

自分にしかできない強みを活かして他者に貢献する喜び

という「自己実現」の生き方につながるんですね。

 

 

一番のポイントは、

自分の持っている「資質・独自資源」と「強み」は別

 

◎持っているだけなら「強み」でもなんでもなく、客観的な事実

◎それが誰かの「嬉しさ」になったときに「強み」になる

◎自分の持っているものが「強み」を生み出す

 

です。

 

 

私が「戦略BASiCS」に出会ったのは2010年頃で、

それまでは、持っているそれ自体が強みだと思っていたので、当時ものすごく新鮮に感じました。

 

その資質を持っている、と客観的な事実としてとらえることで、

「良い悪い」

「正しい正しくない」

「強み弱み」

と、白黒つける二元的な考え方から解放されるわけです。

 

そして解放されると、ニュートラルな状態で発想できるようになり、

「ということは、何ができる?」

「じゃあ、どうしたい?」

と、自分が望む方向へと考えを向けられるようになります。

 

 


 

 

有名な3M社「ポストイット®」のエピソードも、

 

粘着力が弱いという事実(独自資源)

何度も貼ったり剥がしたりできる(顧客の嬉しさ=強み)

ポストイット®の誕生

 

と、とても自然に腑に落ちます。

 

 

それに、「持っている = 強み」だと、

「持っていない = 弱み」になってしまうので、

それだとちょっともったいないですよね。

 

物事の裏側を見る人や、「どうせ私、少数派だし」というあまのじゃく気質の人には、「戦略BASiCS」ハマりますよ〜!

 

提唱者である佐藤義典先生のメルマガや多数の著書の他にも、解説しているサイトがいろいろあります。

興味のある方はググってくださいね。

(もしも、もっとゆるくてとっつきやすいサイトがあったら、ぜひ教えてね~)