次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

マーケティングの記事は、こんな人に読んでほしいっ!

 

ブログのサブタイトルにも入れている「マーケティング」ですが、

「はて、私はいったい誰に向けて書いているんだ???」

というのがぼんやりしていたので、あらためて考えてみました。

 

記事の中で紹介している様々な方法を使って、

実際に自分でも、自分のことを俯瞰したり深く掘ってみたり、

ぴったりの相手を模索したり・・・という作業をしていたら、

 

くっきりしてきました、その「相手」が。

 

 

【想定しているのは、こんな人】

・個人で「ものづくり」や「人を癒やしたり後押しするサービス」を提供していて、

・自分が創るもの、提供するものには自信を持っているし、自分でも大好きで、

・こだわりもたくさんあるし、大切にしたい想いが詰まっていて、

・どうしたらもっと良いものを創れるか、提供できるか、そこに時間やお金やエネルギーを、めいっぱい使っていて、

・それを届ける相手(お客様、クライアントさん)の幸せを、心から願っていて、

・「創る、提供する」においては、「プロ」という意識がある。

 

 

f:id:meg_m:20210325183801j:plain


 

だけど、

 

・それを「相手(お客様、クライアントさん)に届ける」においては、もしかして「アマチュア」かもしれない・・・と自分でも思っていて、

・誰にどう届けたらいいか、実はよくわからなくて、

・きちんと届けたいから、売るための仕組みを勉強しなきゃとは思っている。

 

でも、

 

「ビジネス」を勉強するっていうと、なんかちょっと違和感があって、

ビジネスとか売上とか利益とか、マーケティングとか競合とか差別化とか、

ターゲットだのポジショニングだの、ブルーオーシャンだのベネフィットだの、なんでやたらとカタカナ使うんだ!日本語で言え!なんなら「売る」という言葉もちょっと違うような気がする・・・

 

 

とにかく、ギラギラ、ゴリゴリの「ビジネス」の話はイヤだっ!

 

 

 

 

f:id:meg_m:20210325183847j:plain


 

 

という、そこのあなた。

 

当ブログの「マーケティング」記事は、あなた向けに書いています。

 

きっとお役に立てますよ。

 

 

 

【逆に合わないのは、こんな人】

 

・自分に向き合うのが嫌いな人、めんどくさい人

・とにかく手っ取り早く結果を出したい、テクニックだけ知りたい人

・相手(お客様、クライアントさん)の幸せを願えない人

・自分がただ創るだけ、相手(お客様、クライアントさん)なんてどうでもいい人

 

↑ 上記に当てはまる方、他へ行ってくださいませ。