マーケティングと心理と建築と

マーケティングと心理カウンセリングを学んでいます。建築にどう活かすか、研究中。

「怖い」はGo! タブーに触れた日

タブーに触れてしまった・・・

 

tenro-in.com

 

たまたま目にしてから、気になって気になって何度もページを訪れては閉じて。

 

 

わー楽しそう!面白そう!やってみよう、ワクワク・・・

ならいいのに。

それとは程遠い、この感覚。

妙に気になる、心の奥の方で何かザワザワしているのがわかる。

 

 

頭(思考)は諦めるための言い訳をいっぱい探し始める。

「忙しいし・・・」

「きっと自分には合わないよ」

「やってどうするの?何になるの?」

「自分だけ浮くんじゃない?」

 

 

そっちへ行ってはいけない、という感覚と、なぜか呼ばれているような感覚。

拮抗した心理状態がしばらく続き、私は「怖い」方を選んだ。

 

 

「嫌だ」はNo!「怖い」はGo!

 

 

ameblo.jp

 

 

 

心の仕組みを学ぶと、「嫌だ」と「怖い」の違いがわかる。

自分の感じ方も、これは「嫌だ」の方だとか、これは「怖い」やつだとか、自分の感覚も鋭くなってくる。

 

「怖い」は当たり。

ずっと抑えてきた封印してきたものが、そして自分の力が顔を出し声を上げるのを待っている。

 

 

30年前に逃げるようにやめてから、私にとって舞台は、

戻ってはいけない世界

二度と触れてはいけない世界

近づいてはいけない世界

 

 

だから「もしかして、私の本心とか力って、これ?」

と、うっすら気づいたら思いっきり抵抗してた。

 

ないない!

それだけは、ない!

ありえない!

絶対に、それだけはない!

 

 

 

そんなありえないことに挑戦するなんて、

 

 

怖すぎるよ・・・

 

 

何がそんなに怖いんだろう?

と、自分の感覚を感じてみる。

 

 

何かが変わってしまいそうで

何かが開いてしまいそうで

何かが動いてしまいそうで

 

  

人間ってやつは、本当に「変化」が嫌いで、「変化」が怖い。

でも、心の奥の方では「変化」を望んでる、強烈に。

 

  

 

案の定、当日が近づいてきたら緊張し始めて、六割くらい後悔・・・

なんで申し込んじゃったんだろう・・・

胃まで痛くなってきたよ、とほほ・・・(>_<)

 

 

行きたくなければ行かなくていいんだよ、どちらでもいいんだよ、

と自分に優しく言ってみるけど、

なぜか「行かない」選択肢はなかった。

 

 

昨日の第2講。私はここから初めての参加。

その時間はとにかく夢中で、何も考える余裕がなくて、頭(思考)が止まっていて、集中していて、

 

ただ自分がここにいる

 

それだけ。

 

 

楽しかったとか嬉しいとか、そんなのはない。

 

でも頭の中で何かが壊れている。

何かが動き始めている。

 

 

神経が高ぶったまま眠れない夜を過ごし、

今日になったら、久しぶりの下痢・・・(>_<)

 

もう、私の身体、素直すぎる・・・

 

 

参加するための口実を、

「きっと仕事にも役に立つよ」とか

「コミュニケーションって、大事だから」とか

「新しい人脈も広がるし」とか

いろいろ並べていたけど、

 

 

 

 

ただ、出たいだけ

 

 

 

 

あ~、認めてしまった。。。

怖いよ~。

 

f:id:meg_m:20190822211853j:plain