マーケティングと心理と建築と

マーケティングと心理カウンセリングを学んでいます。建築にどう活かすか、研究中。

新しい世界でバランスをとる

えーと・・・

身近な人はご存じでしょうが、私の運動音痴は相当なものでして。(^_^;)

 

小学生のときの体育は、6年間全て、

(-_-)

 

  

一応言い訳させていただくと、当時は今と違って相対評価なので、クラスに数人は必ず『1』が存在したんですよ、

そのうちの一人がワタクシでございました。

 

身体を動かすのが嫌いだし苦手なので、ジムも行ってみたけど続かない。

近場で何か、こんな私にも合いそうなところはないかと探してみても、どれもピンとこない。

 

そんな私が「これだ~っ!」と見つけて数ヶ月前から通っているのが、

いのうえあやさん(あやちゃん)のエクササイズ。

 

目標は、身体の感覚を取り戻し、思い通りに自由に動く身体を手に入れること。

身体をゆるめたりほぐしたりしながら、骨盤を正常な位置に戻し軸が自分の中心に来るように、いろんな動きを一緒にやっていくんです。

 

 「お肉じゃなくて、骨を動かしたりねじったり・・・をイメージしながらやってみてね。」

 

 

骨、・・・?

 

子供の頃はガリガリに細かったので、よく『ガイコツ』ってからかわれてました。

ガイコツと化した自分をイメージするのは、「特技:妄想」の私にはカンタンです。

 

今まで考えたことなかったな。

自分の身体を思うように動かすって、骨に指令を出すような感覚なのかも。

f:id:meg_m:20181211174456j:plain


さらに昨日のエクササイズでは、いろいろびっくりな発見が・・・

 

ある「動き」が、どうしてもできない。

別にどうってことのない動きに見えるのだけど。

 

 

いや、できるできないのレベルではなく、私には

 

全くわからない

 

という状態。

 

わけがわからない、

意味がわからない、

どうやって立つの?

そもそも、立てるの?

この状態で、存在できるの?

 

という身体の声・・・

 

 

「今までこの姿勢で生きてきてなかったから、どう立てばいいか身体はわからないんだね。」

と、あやちゃん。

 

 

ああ、そうなのか・・・

何かがスルスルとほどけていくような。

 

子供の頃から猫背だった。

ずっと縮こまって、ゆがんだままの私の身体は、

本来の身体に戻ろうとして、今はバランスがとれない状態なんだ。

初めてだから、軸をまっすぐに保てるところを探っているんだ。

 

最近の、「穏やかだけど落ち着かない、着地していない感じ」は、まさにこれと同じ。

 

 

世界観が切り替わるとき、新しいステージに移行するとき、

それまでの旧世界とはルールが変わる。

同じやり方が通用しなくなる。

 

探っているんだな、心も。

 

 

ここ1~2週間のもやもや感が、ふわあ~っと抜けていって、

今朝起きたら、身体いっぱいに腑に落ちた感覚。

& 筋肉痛。

 

 

身体からビリーフリセットの、あやちゃんのエクササイズ。

ameblo.jp